「プログラミングで稼げる言語」の最終回答【選ぶとNGな言語も紹介】

スポンサードリンク

「プログラミングで稼げる言語」の最終回答【選ぶとNGな言語も紹介】

 

  • プログラミングを学んで稼げるようになりたい。せっかく学ぶなら、稼げない言語よりも「稼げる言語」が良いな。でも、プログラミングで稼げる言語って実際どれなんだろう…?

 

本記事では上記のような疑問に答えていきます。

 

本記事で述べていきますが、プログラミングは言語によって、稼げる金額が変わります。だからこそ、どうせプログラミングを学ぶなら、稼げない言語よりも「稼げる言語」を選んだほうが良いです。

 

そこで本記事では、プログラミングで安定的に稼げる言語を、紹介していきます。

 

これを書いている僕、社会人として働きながらプログラミングスクール「TechAcademy」「TECH::CAMP」を利用し、スキルを習得。現在は転職支援の仕事をしながら、当時培ったスキルを使って、個人で副業として稼いでいます。現在は、副業の収入の方が、会社員の収入より圧倒的に大きい状況で、割と珍しい会社員だと思います。

 

そんなバックグラウンドを持つ僕が、プログラミングで稼げる言語を紹介します。

 

スポンサーリンク

本当に稼げるプログラミング言語とは?

本当に稼げるプログラミング言語とは?

 

これは事実を見た方が早いので、データを出しますね。以下はアメリカ内のエンジニアの統計となりますが、Indeedが調査した言語別の平均年収のランキングです。

 

本当に稼げるプログラミング言語とは?

引用:What Programming Language Should a Beginner Learn in 2019?

 

  • 1位:Ruby/Ruby On Rails(USD117,147)
  • 2位:Python(USD116,027)
  • 3位:C++(USD115,597)

 

結論、上記の3言語が、アメリカにおいて、プログラミングで稼げる言語トップ3でした。1ドル110円で換算すると、Rubyで年収1,288万円、Pythonで年収1,276万円、C++で年収1,271万円となっています。

 

ということで、プログラミングで一番稼げる言語は「Ruby」となります。

 

これはアメリカの統計なので、日本よりも年収水準は高いです。ですが、言語ごとに稼げるランキングでいえば、大きく変わらないです。

 

例えば、1位のRubyは、日本でも特に稼げる言語です。具体的にいうと、フリーランス歴2年くらいでも、年収1,000万円を実現している人がいるレベルですね。Pythonも同様です。

 

なので、アメリカの統計といえでも、上記で上位となっている言語は、日本でも稼げる言語の部類に入ります。

 

これからプログラミングを学ぶなら「Web系言語」が稼げる

これからプログラミングを学ぶなら「Web系言語」が稼げる

 

そして、特に日本でこれから稼ぐ場合、オススメのプログラミング言語は「Web系言語」です。前述した「Ruby」もWeb系言語です。

 

なぜWeb系言語が良いかというと「最も稼ぎやすいから」です。

 

じゃあなぜWeb系言語が稼げるかというと、一言で言えば、Web系エンジニアの需要が高いにも関わらず、Web系エンジニアの数が圧倒的に不足しているからですね。

 

稼ぐことの本質とは?【収入が決まる仕組み】

これは多くの人が勘違いしていることなのですが、高いスキルや知識があるから、収入が上がるわけではないんですよね。

 

収入が上がることの本質は、「世の中で必要とされている分野で、それを提供できる人材が少ない場合」に、収入は上がるんですよね。つまり、「需要と供給のバランスで収入は決まる」ということです。

 

この本質に沿っていけば、Web系エンジニアは、世の中に必要とされているが(=需要高い)、数が足りていない(=供給低い)ので、結果、収入が高くなっているんですよね。

 

Web系言語で稼ぐために高いスキルは不要

ですから、「自分にはスキルもないし稼げない」というのは誤りであり、Web系言語で稼ぐ際には、高いスキルは不要です。

 

冒頭の通り、僕は現在転職支援の仕事をしているので、未経験からのエンジニア転職については多く実態を見ています。その経験からいうと、最近はプログラミングスクールで1〜3ヶ月言語を学べば、Webエンジニアに就職転職することは十分可能な状況です。

 

また、お金をもらいながら実務経験を1〜2年ほど積めば、そのタイミングでWeb系フリーランスエンジニアになることは可能です。そうすれば、月収50万円以上は、最初のタイミングでも十分狙っていけますね。

 

これは社会人でも大学生でも同様です。Web系言語を学べば、就職や転職、独立の道は広がります。

 

プログラミングで稼ぎたいならWeb系言語を選ぶと良い

プログラミングで稼ぎたいならWeb系言語を選ぶと良い

 

だからこそ、プログラミングで「稼ぐこと」を第一とするなら、Web系言語を選ぶと良いですね。代表的なWeb系言語でいうと、「Ruby」や「PHP」です。

 

Web系言語で代表的なのはこの2つなので、どちらかを学ぶと良いですね。Ruby、PHPとも世の中的に案件数が多く、一度スキルを身につければ、仕事に困ることはありません。

 

Web系言語は働き方も自由になれる

加えて、Web系言語は働き方も自由なところが多いですからね。

 

Web系企業自体、社長も若いケースが多く、リモートワークや週3勤務、フルフレックスやおしゃれなオフィスなど、若い人が好きそうな制度を作っている企業も多いです。

 

特に渋谷界隈のIT/Webベンチャーにはそういう企業が多いですね。最近僕が仕事でお邪魔したところだと、オフィスに和室の休憩室があったり、ビリヤード台があったりして、社員みんな楽しそうに働いていましたよ。もちろん、リモートワークもOKでした。

 

Web系言語は「副業」もしやすい

さらにいえば、Web系言語の場合、会社員として働きながら「副業」もできますからね。

 

Web系言語と副業は、相性が抜群に良いです。例えば僕自身も、副業でWeb制作をしたりして稼いでいましたが、月5万円程度であれば、初心者から数ヶ月の状態でも十分稼げます。

 

僕は最近はWeb制作はやっていませんが、これからプログラミングを始める初心者には、稼ぐ練習としてもピッタリだと思います。

 

この辺りについては、詳しくは以下の記事も参考にどうぞ。初心者から副業で「月5万円」稼ぐ方法を解説しています。

参考>>初心者がプログラミング副業で「月5万円」稼ぐ方法【数ヶ月で達成可能】

 

話が少し脱線しましたが、続けますね。

 

一番おすすめはRuby

一番おすすめはRuby

 

Web系言語がおすすめと言いましたが、中でも迷ったら、個人的には「Ruby」をおすすめします。

 

Rubyは前述通り、稼げる言語のランキングでも1位ですし、実際に日本でも稼げます。また、言語の難易度も易しめなので、これからプログラミングを始める初心者の「入口」としてもぴったりです。

 

またRubyはWebアプリによく使われる言語であり、かつWebアプリの副業は稼ぎやすい種類でもあるので、大きく稼ぎやすいです。

 

僕自身、初めてプログラミングを学んだときは「Ruby」からはじめましたが、結論正解でした。1ヶ月の短期集中でも十分スキルが身につく言語なので、迷ったらRubyを1〜2ヶ月やってみると良いんじゃないかなと思います。

 

逆におすすめではない言語はC言語【NG】

逆におすすめではない言語はC言語【NG】

 

上記の通りで、おすすめでない言語は「C言語」です。なぜかというと、理解が大変な上に、つまらないからです。

 

C言語をやってみるとわかりますが、基本的に難解な数式ばかり出てきます。なので、理解に苦しみますし、エラーも多く出てくるんですよね。その上、これは主観が入りますが、やっていても楽しくないです。

 

一方RubyなどのWeb系言語の方が、楽しく学べる上に、理解に苦しむ場面も少なかったです。圧倒的に初心者向きですね。

 

難しいC言語を学ばなくても、おすすめしたRubyなどのWeb系言語を学べば、プログラミングで食べていくことはできますし、月収60万円以上は十分稼げます。

 

加えて、リモートワークなど自由な働き方がしやすいのもWeb系言語ですしね。だからこそ、僕はRubyをはじめとしたWeb系言語をおすすめします。

 

Rubyが学べるおすすめスクール

Rubyが学べるおすすめスクール

 

プログラミングスクールといっても、良いスクールもあれば、良くないスクールもあります。ネットで調べても、実際にスクールに通ったことがない素人がまとめている記事も多く、あまり参考になりません。

 

なので参考までに、僕自身が実際に使ってよかったプログラミングスクールを含み、Rubyを最速で習得できるスクールも紹介しておきますね。

 

  1. TechAcademy(Webアプリケーションコース)【まずは学んでみたいなら / オンライン型 / 年齢制限なし】
  2. TECH::EXPERT【転職までしたいなら / 通学型 / 30代でも利用可能】
  3. GEEK JOB【転職までしたいなら / 通学型 / 20代限定 / 無料

 

現時点でおすすめなRubyスクールは、結論上記の通りです。

 

選び方としては、「まずは言語を学んでみたい」ならTechAcademy(Webアプリケーションコース)、「ただ学ぶだけでなく、転職まで見据えて言語を学びたい」ならTECH::EXPERTGEEK JOB(無料)でOKです。

 

順番前後しますが、TECH::EXPERTとGEEK JOBの場合、転職前提でプログラミングを学びます。そのため、受講時に「転職意思」があることが必要です。

 

転職意思さえあれば、学習〜転職まで全てサポートしてくれ、数ヶ月でWebエンジニアとして、スクールが提携している企業へ就職・転職ができます。ですから、エンジニアを目指す過程でプログラミングを学びたいなら、TECH::EXPERTGEEK JOBがおすすめです。就職先も良いところが多いです。

 

このうち「GEEK JOB」は、採用企業側からお金をもらうビジネスモデルなので、利用者は「無料」で利用できる圧倒的なメリットがあります。ですが、20代限定です。なので、30歳以上の方はTECH::EXPERTとなります。

 

どちらも無料カウンセリングがあるので、実際に話を聞いてみると良いです。TECH::EXPERTは東京、大阪、名古屋、あるいはオンラインでカウンセリング可能、GEEK JOBは東京の九段下か四ツ谷でカウンセリング可能です。

>>TECH::EXPERT無料相談を予約する

>>GEEK JOB無料相談を予約する

 

一方TechAcademyは、受講時に転職意思がなくてもOKです。なので、「転職はまだ決めていないけど、まずはプログラミングを学んでみたい」という方は、TechAcademyを選びましょう。

 

TechAcademyは様々なコースがありますが、Rubyが学べるコースはTechAcademy(Webアプリケーションコース)です。僕自身、このWebアプリケーションコースを社会人として働きながら受講しましたが、1ヶ月で簡単なサービス開発ができるようになりました。

 

参考までに、Webアプリケーションコースのカリキュラムでは、Twitterのクローンやオリジナルサービス開発を、プロのエンジニアのサポートを受けながらやっていきました。楽しかったですし、成長できましたね。

 

僕が実際にWebアプリケーションコースを受講した時に使ったオンラインカリキュラムの一部

 

なおTechAcademyは、7日間のプログラミング無料体験を受けることができます。必須ではないですが、本受講前に試してみることで、イメージもつくと思います。

 

オンライン完結なので、自宅PCから今すぐお試し可能です。公式サイトには「無料説明会動画」もあるので、こちらも覗いてみると良いですよ。

>>TechAcademy1週間無料体験

 

ということで、Rubyを学ぶなら上記3つのスクールから選ぶと良いです。この3社は代表的なスクールで、多くの初心者から選ばれている人気スクールです。なので、Rubyだけでなく、PHPや他の言語も学べる環境です。

 

とはいえ、最終的にはネットの情報ではなく、無料相談や無料体験を通じて自分の目で見てみて、比較をしましょう。それが失敗しないスクール選びの秘訣です。

 

 

まとめ

「プログラミングで稼げる言語」の最終回答【選ぶとNGな言語も紹介】

 

最後に、プログラミングは他の仕事と比較しても、圧倒的に稼ぎやすい仕事です。

 

僕は転職支援の仕事をしているので特に痛感しますが、未経験からたった数年で、年収1,000万円近く稼げる仕事なんて他にないですよ。あっても保険営業や不動産営業など、歩合の仕事だけです。

 

歩合の仕事って不安定ですからね。その点プログラミングスキルは「手に職」です。一度身につけてしまえば、そのスキルは一生モノです。

 

向こう10年間は、エンジニアの人手不足は解消するどころか、さらに深刻化していくと言われてます。つまり、今このタイミングでプログラミングを習得すれば、この先10年間は仕事に困ることはないでしょうね。

 

いまは景気も良いので誰でもエンジニアになれますが、景気が一度悪くなれば、話は変わります。景気が悪くなった時、企業が真っ先に削るのは、採用費(人件費)や広告費だからです。特に、教育コストがかかる「未経験者」は、真っ先に枠が減らされます。

 

本当に「今」が異常なんだと思います。とはいえ、これからプログラミングを学ぶ人にとってはチャンスなので、だからこそ、手遅れになって後悔する前に、行動を起こすことをおすすめします。いまならまだ間に合いますから。

 

  1. TechAcademy(Webアプリケーションコース)【まずは学んでみたいなら / オンライン型 / 年齢制限なし】
  2. TECH::EXPERT【転職までしたいなら / 通学型 / 30代でも利用可能】
  3. GEEK JOB【転職までしたいなら / 通学型 / 20代限定 / 無料

 

▼人気記事

おすすめのプログラミングスクール5社を徹底比較する【受講者が特徴や使用メリットを全てまとめた】

 

RELATED