【経験者が語る】留学前の準備についてわかりやすく手順を解説します

スポンサードリンク

留学 準備

 

  • 海外留学をしようと思っているんだけど、何をどういうスケジュールで準備していけば良いのかな?大まかな流れを把握したい

 

今回はこういった疑問に答えていきます。

 

簡単に僕のことをご紹介すると、現在は社会人ですが、大学生の時にカナダへ語学留学をしました。僕の価値観や人生を変えた出来事が、まさに留学でした。留学へ行ってから人生変わりましたので、僕は留学をして本当によかったと思っています。

 

さて、そんな経験がありますので、留学の準備についても経験者として把握をしています。そこで今回は、

 

  • 留学を思い立ってから出発までの大まかなスケジュール
  • 各ステップごとにやるべきこと
  • その他留学のおすすめ国やコツなど

 

こういったことをお伝えします。今回の記事を読むことで、留学するまでの準備について理解できるようになりますよ。5分で読めますので続きをどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

留学前の準備について手順を7ステップで解説

留学 準備

 

留学前の準備について、手順を解説していきますね。やることは次の7ステップです。

 

  1. 留学する国を選ぶ
  2. 留学する学校を選ぶ
  3. エージェントを選ぶ
  4. 留学費用を準備する
  5. 語学学校へ出願する・宿泊先を選定する
  6. ビザを申請する 
  7. 渡航準備をする(荷物、航空券手配など)

 

順番に解説していきますね。

 

1. 留学する国を選ぶ

まずは留学する国を選びましょう。主要な留学先の国だと、以下のような国が人気ですね。

 

  • アメリカ    :大学や語学学校の選択肢が多数。留学の代表的な渡航先
  • カナダ     :自然溢れる留学先の人気国。住み心地の良さは圧倒的です
  • イギリス    :カナダやアメリカと比較すると日本人が少なめ。英語漬けの生活をするなら狙い目。
  • オーストラリア :温暖な気候、綺麗な海、世界自然遺産など、アクティビティが好きな人におすすめ
  • ニュージーランド:圧倒的な大自然。カナダに並ぶ穏やかさ。
  • アイルランド  :緑豊かな国。日本人留学生は少なめ
  • フィリピン   :近年大人気の留学先。物価が安く、学生の留学で大人気

 

これらは全て英語圏でして、いずれも間違いのない留学先です。僕はカナダに留学しましたが、とてもよかったですよ。人は優しいですし、自然は豊かですし、日本とは違い、毎日ゆったりした時間が流れていました。アクティビティも盛んですしナイトスポットも充実していますから、若い人でも楽しめると思います。

 

少しマイナーな国でいうと、次のような国もあります。

 

  • 中国   :中国語。中国語は言語として需要が高いので学んでおくことがおすすめ
  • マルタ島 :イタリアのすぐ近くにある島国。公用語はマルタ語と英語。英語がしっかり学べる上、国としての魅力が素晴らしい。穴場です。
  • 南アフリカ:欧米からの世界人気観光地No,1にもなったケープタウン留学は世界では大人気。日本人は少ないですが、韓国などでは留学の定番先の一つ。穴場です。

 

中国語が学びたいなら中国もアリです。個人的にはマルタ島と南アフリカがおすすめですね。マルタ島は地中海に浮かぶ国でして、美しい街並みが特徴です。「こんな場所に留学できたら最高なんだろうな」と妄想ばかり膨らんでしまうような素晴らしい国です。

 

南アフリカは僕自身以前住んでいたのですが、非常におすすめです。距離も遠いので日本ではあまり情報が出回っていませんが、欧米では世界人気観光地ランキング1位にも輝いたケープタウンといった街があります。南アフリカは、大自然あり、美食あり、芸術あり、アクティビティありと、何でも揃っています。普通じゃない留学がしたいならおすすめです。英語もイギリス英語ですので英語力もしっかり身につきますよ。

 

このように、留学と一言で言っても色々な国があります。まずは自分がどの国に行きたいか、それを決めるようにしましょう。

 

2. 留学する学校を選ぶ

次に、留学する学校を選びます。選ぶポイントは次のようなことですね。

 

  • 大人数の学校か、それとも少人数の学校か?
  • がっつり勉強したいか、それともフリーの時間が多いほうがいいか?
  • 日本人が多いところか、それとも少ないほうが良いか?
  • 予算はどれくらいか?

 

こういったポイントをチェックしておくと良いですよ、僕の場合は、できるだけ全員と仲良くなりたいと思っていたので、あまり大規模でない、かつ日本人が少ない学校を選びました。そしてできるだけフリーの時間を使っていろんな体験をしたいと考えていたので、授業時間はあまり長くなく、昼後くらいから自由時間が取れる語学学校を選びました。

 

こんな感じで、自分が留学先で何をしたいのかと照らしあわせながら、自分に合いそうな学校を選ぶと良いですよ。

 

3. エージェントを選ぶ

自分一人ではなかなか決めることは難しいもの。そんな時は留学のエージェントを活用しましょう。留学エージェントには大きく2種類ありまして、

 

  • 有料エージェント:サポート厚め
  • 無料エージェント:サポート薄め

 

こんなイメージです。有料のエージェントの場合、手数料を支払うことになるので、その分万全なサポートを受けることができます。留学準備を滞りなくスムーズに進めたいのであれば、こういった有料エージェントを使うことと良いですよ。

 

また、無料のエージェントも存在します。なんで無料化というと、こちらは学校側から学生を紹介したときに報酬が出るからです。エージェントとしてはそこで収入が得られるので、学生側からお金を取らずに済みます。ただ、無料のエージェントは有料エージェントと比較すると、サポートは薄めの傾向が強いです。

 

実際にサービスはエージェントごと、もっといえば担当してくれるコンサルタントごとにも変わるので一概には言えませんが、エージェントのサポートを受けながらも、自分が責任を持って調べて準備することが、失敗しない留学のためには必要かなと思います。

 

ちなみに僕は留学エージェントは使いませんでしたが、いま思うと使って情報収集していたらもっとよい留学ができたのかなと思います。一生に一度あるかないかの留学ですから、こういったエージェントも活用して準備すると良いと思いますよ。

 

4. 留学費用を準備する

ここまでで渡航する国や学校のイメージができ始めていると思いますから、大まかな費用感もイメージでき始めていると思います。本来は一番はじめから準備をしておくべきですが、本腰を入れてお金を貯める必要があります。

 

国や学校によっても異なりますが、参考までに、語学留学の場合の学校費用や滞在費は、3ヶ月程度で100〜200万円、半年で200〜250万円、1年で150〜400万円くらいが相場です。

 

アメリカなどはやっぱり高いですが、フィリピンなどは上記に比べると段違いに安いです。自分が捻出できそうなお金や時期を、ここで一度計算してみましょう。

 

5. 語学学校へ出願する・宿泊先を選定する

渡航先の国、学校、出発時期を決めたら、早速出願をしましょう。エージェントを使う場合はエージェントが代行で手配をしてくれます。

 

自分で語学学校に出願する場合は、語学学校のHPから手続きをすることができます。語学学校へ出願する場合、学校経由で一緒に現地の宿泊先(滞在先)を手配できることが一般的ですので、宿泊先も押さえておきましょう。

 

宿泊先はもちろんホームステイがおすすめです。なぜなら、現地の家族と一緒の家で一緒に生活をすることで、英語漬けの毎日が送れますし、何より異文化の理解が本当の意味でできるようになるからです。

 

僕は自分で語学学校経由で手配をしましたが、宿泊先はホームステイを選びました。お父さん、お母さん、そして6歳の子供という3人家族の家庭でしたが、みんなで朝起きて一緒に散歩したり、夕方は一緒に公園で運動をしたり、休日はみんなで登山をしたりと、すごく貴重な経験ができました。

 

そういった毎日の日々を通じて、「現地の人はどんなことを考えているのか?」「どんなことに幸せを感じるのか?」といったことを学ぶことができました。その中で感じたことの一つが、彼らは仕事以上に家族を大切にしているということでしたね。家族のためなら平気で仕事を休みますし、彼らにとっては人生の一番のプライオリティは家族にあるんだなと、横で生活をしていて感じました。こういった経験は、僕のいまの仕事観にものすごく大きく影響していますし、本当に貴重な経験でした。

 

そういった価値観を変えられるような経験ができるのがホームステイです。現地の滞在先に悩んだら、ホームステイにすると良いですよ。良い経験ができますから。

 

6. ビザを申請する

次はビザの申請です。パスポートの残期限を確認し、OKだったらビザの申請に進みます。語学学校に進学する場合は、通常は学生ビザが必要になります。国によって必要な書類は違うので、そこは訪れる国の情報を確認してみてください。

 

もしパスポートの期限が切れてしまう、あるいはパスポートを持っていない場合、パスポートの申請も必要です。パスポート申請は平均して7日〜10日ほどの時間を要しますから、ギリギリにやるのではなく、余裕を持って申請を行うようにしましょう。

  

7. 渡航準備をする(持ち物準備、航空券手配など)

いよいよ大詰めです。語学学校出願、滞在先の手配、パスポートの準備、ビザの申請が済んだら、あとは、渡航準備のみです。航空券の手配や荷物の準備など、前もって進めておくと直前になって慌てずに済みますよ。

 

ざっと留学に当たって必要なものですが、

 

  • パスポート
  • ビザ
  • 入学許可証
  • クレジットカード
  • 航空券
  • 通信機器
  • 衣類
  • 生活品(コンタクトレンスなど)
  • 薬関係

 

こういったものは必ず持っていくようにしましょう。薬も必ず持っていくことをお勧めします。僕が留学をしていたとき、「自分は風邪には引かないから大丈夫」と薬を持ってこなかった人がいましたが、慣れない地で体調を崩して病院へ行き、バカ高い医療費を払わされていた人もいました(笑)

 

荷物の準備もできたら、あとは現地へ飛ぶだけです。以上が留学前の渡航準備です。

 

英語(語学)の勉強は留学前に準備してやっておくと良い

留学 準備

 

僕自身が実体験をもとに感じたことですが、留学前に、英語(語学)の勉強は必ず準備してやっておくことをお勧めします。

 

なぜかというと、あらかじめ英語を勉強しているか、あるいはしていないかで、実際に留学生活がスタートしてからの立ち上がり方が大きく変わってくるからです。

 

留学は期間限定です。1年という時間がある人もいれば、半年の人や3ヶ月の人、あるいは1ヶ月という短期の人もいます。期間が決まっているからこそ、留学している時間はどんどん外国人と話す時間に使うべきです。

 

にも関わらず、多くの人は「現地へ行けば話せるようになるだろう」と思い込み、準備をしないまま留学するんですよね。でもはっきり言ってしまうと、そんな状態で留学をしたら、最初に数ヶ月ははっきりいって無駄にします。

 

留学しても現地で全く会話ができないなら、結局毎日一人で辞書をチェックし、フレーズを覚えたり勉強しないといけません。でもそれって、留学後にやるべきことではないですし、何なら日本でもできることです。

 

実はなにを隠そう、僕が留学した最初の時期がそうだったんですよね。英語の準備はしていたつもりですが甘かったです。周りが話していることに最初は全くついていけず、ホームステイ先に帰ってからは黙々と一人でフレーズを覚えたり勉強をしていました。

 

でも実際、そんなことは日本で事前にできたことです。そんなもったいない時間の使い方より、留学している間は、日本で覚えたフレーズや言い回しを、目の前にいる外国人相手にどんどん使うことをしたほうが、絶対に成長は早いです。

 

ですから、留学するまでに、英会話の勉強はしっかりやっておくことをおすすめします。留学はお金もかかりますし、僕のように無駄な時間を使って欲しくないですからね。

 

現地に住んだら自然と英会話ができるようになるというのは幻想です。結局はフレーズを覚えて、実際に反復して使うことで身につきます。インプットする作業自体は必ず必要でして、それは日本でできる限り済ませておくと、留学の時間を無駄にせずに済みますよ。

 

留学準備のための勉強ならスタディサプリEnglishでOK

留学 準備

 

じゃあどんな勉強を留学前にしておけばいいのかと言いますと、留学前ならスタディサプリEnglishを徹底的に使い込んでおけばOKです。

 

スタディサプリEnglishには「日常英会話コース」と「TOEIC対策コース」の2つがありますが、留学前なら「日常英会話コース」でOKです。日常英会話コースでは、英語の話す・聞く力を、スマホを通じて一人で高めることができます。APPストア教育カテゴリーでも人気No.1になった、累計100万ダウンロードを突破しているアプリです。

 

スタディサプリEnglishを使えば、留学先の日常で使う英会話フレーズや表現を手軽に身につけることができます。フレーズだけでなく、文法や発音、リスニングといった能力もコレ一つで総合的に高められるようになっています。

 

僕はこれまで数え切れないほど教材を使ってきましたが、スタディサプリEnglishはその中でも一番使いやすいですし、学習効果も高いです。僕はかれこれ1年以上スタディサプリEnglishを使っていますが、今まで聞き取れなかった音が聞き取れるようになりましたし、表現できるフレーズも増えました。

 

スタディサプリEnglishは月額980円です。3ヶ月使っても飲み会代1回くらいですから、無駄な飲み会を1回キャンセルして投資をすると良いですよ。

 

損するのが嫌な人は、スタディサプリEnglishは「7日間の無料体験期間」があるので、まずはそこから気軽に使ってみると良いですよ。一旦会員登録をする必要はありますが、7日経つ前にWeb上で解約すれば、お金は1円もかからない仕組みです。登録・解約ともに数分でできるので、まずはお気軽に試してみてくださいね〜。

 

 

オンライン英会話で会話慣れをしておくと更にベター 

その上で、オンライン英会話で会話慣れをしておくとよりベターです。オンライン英会話はPCを通じて外国人と英会話をするサービスです。格安でできるサービスが多く、僕も長いこと使い続けています。

 

おすすめはネイティブキャンプ です。理由はシンプルでして、料金定額でレッスン受け放題、かつ格安だからです。

 

【もう迷わない】格安オンライン英会話7社を、受講者で元海外在住の僕が徹底比較する の記事でもご紹介していますが、ネイティブキャンプは他のオンライン英会話と異なり、定額でレッスン受け放題が可能です。普通のスクールは1レッスン〜円ときまっていますが、ネイティブキャンプの場合は月5,500円で何度でもレッスンが受けられます。つまり、留学までに英会話慣れするにはもってこいということです。

 

更に言えば、ネイティブキャンプは費用自体も他のスクール比較して格安ですからお財布にも優しいです。ネイティブキャンプもスタディサプリ English同様、7日間の無料体験がありますので試しにどうぞ。留学するなら遅かれ早かれ外国人と会話しますから、事前に慣れておくことはすごく大事です。

 

  • ネイティブキャンプ    :7日間の無料体験が可能です。実際に外国人とオンラインで英会話を実践します。

 

良い準備をして最高の留学をしよう

留学 準備

 

最後に、留学の経験は、価値観や人生を大きく変えるものです。僕自身もカナダへ留学をしてから、自分自身の価値観、幸せの尺度といったものが大きく変わりましたし、何より世界が広がりました。

 

日本って、世界から見たら本当に一部分でしかないです。世界に出て、実際にその地で暮らすことで、世界の広さや面白さ、そして日本の小ささを肌で実感できるようになりますよ。

 

留学経験は、間違いなくあなたの人生を大きく変えます。それもプラスの方向に、ですね。良い準備をして、一生に一度あるかないかの留学生活を素晴らしいものにしましょう。

 

留学前に英語慣れは必須ですが、述べてきた通り、スタディサプリEnglishネイティブキャンプ でOKかなと。お金も何十万円とかからないですし、最低限この2つは今すぐにでもやっておきましょう。

 

  • スタディサプリEnglish:月額980円。7日間の無料体験あり。スマホで一人で勉強できます(外国人と対話なし)
  • ネイティブキャンプ    :月額5,500円。7日間の無料体験あり。実際に外国人とオンラインで英会話を実践します。

 

 

RELATED