仕事を変えたいと思ったら、必ず最初に知っておいて欲しいこと

スポンサードリンク

f:id:travewriter:20180114095258j:plain

 

仕事を変えたい・・・

 

こう思い、ネットで何かしらの答えを探す人はたくさんいます。

 

僕も転職を一度経験しましたが、仕事を変えたいと最初に思ったときはいろいろ悩みました。「どんな会社に入れるのか」「給料はどうなるのか」「そもそも転職をして大丈夫なのか・・」、いろいろと悩みました。

 

でも最終的には、転職活動を通じて内定を複数もらい、希望通りの会社に入社することができました。ですので、今はとても幸せに働くことができています。

 

さて今回は、仕事を変えたいと思ったときに必ず知っておいて欲しいことを、僕自身の実体験からまとめました

 

ちなみに僕は現在転職などのキャリア支援の仕事もしているので、転職経験者の目線と、プロの目線でもアドバイスができると思います。

 

仕事を変えたい・会社を辞めたいと少しでも思う人は、読んで欲しいと思います。

 

 

スポンサーリンク

仕事を辞めた理由1位は「人間関係」

まず始めに、既に転職を決意し、実際に仕事を変えていった転職経験者の「転職理由」を見てみましょう。

 

以下は、転職サイト「リクナビNEXT」で転職経験者100人に対して取った「転職理由」のアンケート結果です。

 

f:id:travewriter:20180114085722p:plain

引用:転職理由と退職理由の本音ランキングBest10|転職ならリクナビNEXT

 

これを見てわかる通り、「人間関係」で転職を決めた人が多いようです。

 

給料や仕事内容に満足できないから転職したという人もいますが、やっぱり最後の引き金になっているのは「人間関係」なんですね。 

 

仕事を変えることは悪いことではない

さて、どんな理由であれ、僕は仕事を変えることは悪いことじゃないと思っています。

 

  • 人間関係が良くない
  • いまの職種が合わない
  • 環境が合わない
  • 給料が低い
  • 残業が多い

 

ネットで情報を見ていると、仕事を変えるのに、上記のどの理由なら仕事を変えて良いとか、逆にどの理由なら仕事を変えないべきと書いてありますが、個人的にはあなたの好きにすれば良いと思います

 

もちろん僕もこの道のプロですから、この先のあなたのキャリアを考えると、人間関係が良くないからと転職を転々とするのは良いことではないとは思っています。

 

ですが結局は、あなたの一度きりの人生なんですよ。

 

だから、自分の好きにすれば良いと思います。今すぐに仕事を変えたいなら変えれば良いし、変えないなら変えないで良いんです

 

仕事を変えるのは、別に悪いことじゃないです。人生に良し悪しなんてないんですから。あなたがあなたらしく生きれる道を素直に選べば良いと思いますよ。

 

それに、どんな理由であれば辞めていい、逆にどんな理由であれば辞めてはいけない、こういうのはあなた一人で正確な判断はできないと思います。だからここは、ネットで調べて自分一人で考え込んでもしょうがない部分でもあります。

 

それに、ネットの情報はあくまで一般例であって、あなたの現状に合わせて、最善の選択肢というのは変わってきます。だから、ネットにこう書いてあるから自分は転職すべきでないとか、決めつけない方が僕は良いと思いますよ。

 

いずれにしても、仕事を辞めるなら「相談すべき相手」というのがいます。その相談相手については後ほど後述しますが、どうしても転職をしない方が良い場合は、その人が最終的にストップをかけてくれるので、まずはこのページを読み進めて欲しいなと思います。

 

でも転職は簡単なことではない

先にはっきり言っておくと、転職は簡単なことではないです。特にあなたが初めて転職をする場合や、年齢が高い場合は、転職のハードルは高いでしょう。

 

僕も転職を一度経験しましたが、やっぱり初めての転職のときは不安を感じました。どうすれば良いかもわかってなかったので、行動できずただただ足踏みをしていましたね。

 

ネットで転職体験談を見たり、一人で考え込んだり、いろいろしていました。まあでも振り返ってみると、結局一人で考えていてもわからなかったです。

 

仕事を変えたいなら行動しなきゃ始まらない

転職は簡単ではないとはいえ、それでも、仕事や現状を変えたいなら、結局行動を起こさないと何も変わりません

 

僕もずっと足踏みばかりしていましたが、最初の一歩を踏み出したことで、いまは前以上に幸せな毎日を過ごせています。

 

本当に行動してよかったと思いますし、この最初の一歩で人生って変わるものなんだなとあの時感じましたね。

 

ですので、あなたにも最初の一歩を、勇気を出して踏み出して欲しいなと思います。

 

まずはいろんな会社を知ることから

とはいえ、最初の一歩でいきなり「転職をすること」をおすすめはしません

 

まだ頭の整理もついてない内に、早まって転職しても、それは博打みたいなものですから。上手くいくこともあれば、上手くいかずにまた転職を繰り返す可能性も出てきます。それじゃ本末転倒ですよね。

 

そうですね。まずは、いろんな会社を知ることから始めてみるのはどうでしょうか?

 

きっとあなたは、自分の選択肢の数に気づいていないと思います。当時の僕もそうでしたが、実は自分が思っているよりも遥かに多くの選択肢が、僕たちにはあります。

 

「そんなに選択肢なんてないよ」と思うかもしれませんが、実はそれにも裏付けとなる根拠があります。それは今が超売り手市場で、近年稀にみる転職ボーナス時期だからです

 

いま、入社できる企業はすごく増えています。新卒で入れなかった憧れの企業に、転職で入社していく人は僕の周りにもたくさんいますよ。

 

実は僕自身そうなんです。僕が就活をしていたときはまさに就職氷河期のど真ん中で、就活はかなり大変でした。僕の場合、何とか大手には入れたのですが、それでももっと行きたい会社は他にもありました。

 

ずっと行きたい思いはあったので、この売り手市場のタイミングを利用し転職活動をしてみたんですよね。そしたら、当時入りたかった企業へ転職することができたんです。

 

だから、今はすごくチャンスですよ。あなたが候補にも入れていなかった優良企業への入社の切符が、今なら勝ち取れるかもしれないです。

 

ただ一つ条件があって、それは「若さ」です。

 

転職の限界年齢が上がってきているとはいえ、転職において「若さ」はかなり評価されます。

 

全く同じ能力を持った23歳と35歳がいれば、90%の企業は23歳の人を採用するでしょう。23歳はポテンシャル人材として扱われ、35歳は即戦力人材として扱われます。10年長く働いている人には、相応の経験は当たり前に求められるものです。

 

転職においては、年齢によってスタートラインが全然変わってきます。ですので、こと転職に至っては、どれだけ早い段階(年齢)で、行動を起こせるかが勝負なんです。

 

特に、もしあなたが既に20代後半以上なら、悠長にネットで情報を仕入れている時間はないです。転職をすぐに決断する必要はないですが、「転職活動」はすぐに始めるべきです。

 

そのためにも、まずはいろんな会社を知ること。これが大事ですね。もっと詳しく言うと、ただ知るだけでなく、自分が入れる可能性のある企業を知ることが大事ですね。これが転職活動の第一歩目だと思います。

 

 

転職エージェントを使う

とはいえ、自分が入れる可能性のある企業は、ネットの情報を眺めているだけでは残念ながら見つかりません。だって、あなたのこれまでの経歴と、行きたい企業の現状を関連付けて、果たして入社できそうかなんて、素人の僕たちには判断がつかないからです。

 

でも実は、その選択肢を知る方法が一つだけあります。それこそが、転職エージェントを使う方法です。

 

前述した「相談すべき相手」とは、この転職エージェントのことですね。

 

いまあなたは、転職活動の始め方すらわからないと思います。自分がどんな会社に入れそうか、どんな職種や業種にいけそうか、こういうことも何もわからない状態だと思います。

 

その点、転職エージェントを使うと、転職活動の始め方はもちろん、あなたが目指せる具体的な企業、業種、職種と、そこに入るために今やるべきことを全部教えてくれます。

 

しかもそればかりか、 転職エージェントはあなたにあった具体的な求人も多数紹介してくれ、その後の面接調整〜年収交渉も全部、代わりにやってくれます

 

あなたがやることは「自分の気持ちをエージェントに伝えること」と「気になった企業の選考を受けにいくこと」の2つだけです。何だかできそうな気がしませんか?

 

転職エージェントを使わない普通の転職だと、全部自分で調べる必要があります。転職活動の始め方、行きたい会社、業種、職種のリサーチ・・・全部です。

 

しかも問題なのは、どの企業や職種なら、どれくらいの可能性で入れそうか、自分一人じゃ判断が付かないことですね。

 

本来どうやっても入れない企業に応募して、落ちるならまだマシです。損するのは時間だけなので。

 

逆に僕が本当に怖いと思うのは、本来入れるはずの優良企業に、自分で「あそこは入れないだろう」と勝手に思い込んで、選考にすら進まないことです。

 

実際、こういう人は物凄く多くいます。それを見るたび、「あー、勿体ないなぁ」と僕は感じます。

 

余談ですが、歳を重ねた老人の方が、人生で後悔していることの大半の答えは「行動しなかった後悔」だそうです。

 

転職が一般的になってきたとはいえ、それでもその人にとっては、「転職」は人生を左右する大きな出来事の一つです。だからこそ、妥協して後悔はして欲しくないと思いますし、この記事を読んでくれたあなたには、本当に納得できる転職を実現して欲しいなぁと僕は思います。 

 

各転職エージェントのHPには、転職の体験談やデータなども出ているため、一度覗いてみるとイメージも付くでしょう。

 

おすすめの転職エージェント

「じゃあどこの転職エージェントがいいの?」と思うかもしれないので、おすすめの転職エージェントも紹介しておきますね。

 

個人的におすすめの転職エージェントはリクルートエージェントです。リクルートエージェントは、転職業界の最大手であるリクルートグループが運営している転職エージェントです。

 

どの年齢層、どの職種、どんな経歴の人でも、数え切れないほどの転職成功実績を持っている、一番信頼できる転職エージェントです。僕自身も転職を考えたとき、真っ先に登録したエージェントが、リクルートエージェントでした。

 

リクルートエージェントを始め、転職エージェントは無料で相談・利用ができます。対面でも電話でも対応してくれるので、まずは気軽に相談してみてほしいですね。自分の経歴をざっくりと話し、希望をそっと伝えるだけでも、実際にどういう職種や会社に入れそうか教えてくれますよ

 

▼転職成功実績No.1。最大手のリクルートエージェント▼

 

まずはリクルートエージェントを使ってみてほしいですが、実は転職エージェントには一つ問題点があるので、こちらも今日覚えておいてほしいです。それは、転職エージェントには合う・合わないがあることです。

 

合う・合わないというのは、担当してくれるコンサルタントの性格的なものもありますし、そのコンサルタントが得意とする業種、職種などもあります。単純にコンサルタントの質もありますね。僕自身も、相談したコンサルタントの方が、僕の行きたい業界にあまり精通しておらず、話がかみ合わないなんてこともありました。

 

そういう合う・合わない問題は人が絡んでくる以上、100%避ける方法は残念ながらありません。

 

でも、その可能性をできるだけ低くする方法が一つだけあります。それは、転職エージェントを複数併用することです

 

複数の転職エージェントを使えば、その分可能性はグッと広がります。僕自身も転職を考え始めた際は、リクルートエージェントを始め、5社程度は同時に登録をしていました。

 

結果として、併用していて良かったですよ。それぞれ紹介してくれる案件も違いますし、担当コンサルタントが持っている情報も違いました。メリットばかりで、デメリットらしいデメリットは見つかりませんでしたね。

 

唯一めんどくさかったのは、それぞれの転職エージェントに登録する必要があったこと。でも、そんなのは3時間もあれば終わりました。人生がかかっていることだったので、妥協しなくて良かったと思っています。かけるべき手間だと思いますよ。

 

一応、僕自身が使って良かった転職エージェントを以下に挙げておきました。めんどくさがらずにそれぞれ相談すれば、高い確率で良い求人に出会えますよ。

 

そしてなんと言っても、今は近年稀に見る売り手市場なので、転職がしやすい転職ボーナス時期です。乗り遅れないようにしないとですね。これを逃したら次はいつになるかわかりません。前述しましたが、年齢を重ねたら不利になるのが転職の世界です。

 

DODA/リクルートエージェントと並ぶ大手転職エージェント》

転職なら【DODA】求人情報・転職支援会員募集

 

マイナビジョブ20’s/第二新卒、20代の求人ならココ》

マイナビジョブ20’s

 

ビズリーチ/高年収、ハイクラス転職を多くの数多く取り揃えている》

ビズリーチ

 

JACリクルートメント/グローバル・外資系求人に強み。英語を使う仕事ならココ》

JACリクルートメント

 

この4つは僕が実際に使って、特に良かったところです。それぞれ特色も違えば持っている求人も違うので、全部聞いてみると選択肢も多くなりますよ。登録は少し面倒かもしれませんがリスクは一つもないので、相談だけはすぐにでもしておくべきです。

 

仕事を変えたいなら行動しよう

述べてきた通り、仕事を変えることは悪いことじゃないです。

 

初めての転職は簡単ではありませんが、今日お話しした方法を使うことで、納得した転職をすることができますよ。

 

いずれにしても、行動を起こさない限り、現状は何も変わりません。いまの生活はずっと続いていきます。

 

ですから、いきなり「転職する」ことはしなくても、まずは「転職活動」はスタートしておくべきです。

 

いまの「仕事を変えたい」という気持ちが深刻化してくると、転職エージェントに登録する気力すらなくなります。登録さえしておけば、良い求人が定期的に届くようになります。心労や過労で倒れてからでは遅いんです。

 

ですので、まずは一番優良求人を多く紹介してくれるリクルートエージェントには登録しておきましょう。以下から5分で無料登録することができます。

 

▼転職成功実績No.1。最大手のリクルートエージェント▼

 

関連記事です。今回おすすめしているリクルートエージェントのことを詳しくまとめた記事です>>>リクルートエージェントを使って転職活動をした僕が感想や評判をまとめた

 

www.travewriter.com

 

新卒で会社を辞めることは悩むこともあると思いますが、新卒でも会社は辞めて大丈夫です>>>新卒で会社を辞めたいなら、1年未満でも辞めたらいい

 

www.travewriter.com

 

転職で年収を上げたい人もいると思います。僕が1年で2倍の年収を実現した具体的な方法を書いています>>> 【年収を上げたいなら】1年で2倍の収入を得るために僕がした5つのこと

 

www.travewriter.com

 

RELATED