【実際どう?】日系メーカーの海外駐在員事情について【元駐在員の僕が徹底解説】

スポンサードリンク

【実際どう?】日系メーカーの海外駐在員事情について【元駐在員の僕が徹底解説】

 

新卒で日系大手グローバル企業に入社し、20代でアフリカへの海外駐在を経験しました。日本、北米、南米、アジア、ヨーロッパ、そしてアフリカと、世界中を舞台に仕事をしてきました。

 

僕は貿易関係の仕事でしたが、取引先がメーカーが中心だったため、世界中にいるメーカーの海外駐在員と深く関わってきました。実際に多くのメーカー駐在員を見てきた経験から、メーカーの海外駐在員事情はかなり詳細まで把握をしています。

 

また僕は現在転職支援の仕事をしており、様々な大手メーカー企業の駐在員の給与や働き方事情にも精通してきました。

 

その経験から、今回は日系メーカーの海外駐在員事情について、そのリアルを徹底解説します。

 

  • メーカーに入り、海外駐在員を目指したい学生や社会人
  • 既にメーカーで働いており、将来海外駐在員を予定している人

 

どちらにとっても有益な情報になると思っています。3分ほどで読めますので、よければ続きをご覧ください。

 

スポンサーリンク

日系メーカーの海外駐在員事情とは?【仕事、給料、福利厚生、ワークライフ、環境の5つの観点で解説】

日系メーカーの海外駐在員事情とは?【仕事、給料、福利厚生、ワークライフ、環境の5つの観点で解説】

 

まずはメーカーの海外駐在員事情について、

 

  1. 仕事面
  2. 給料面
  3. 福利厚生・手当面
  4. ワークライフバランス面
  5. 職場環境面

 

この5つの観点で解説します。

 

1. 仕事面

まず仕事面ですが、メーカーの海外駐在員の場合、現地で「製造工程」や「販促工程」に従事することとなります。

 

メーカー駐在員の仕事の事例

例えば自動車メーカーであれば、現地に自動車製造の工場があります。そのため自動車メーカーの技術者であれば、製造工程および現地スタッフを管理することが主な仕事です。

 

また電気機器メーカーであれば、現地で商品を広めることが必要です。そのため、電機機器メーカーの営業であれば、商品を広める販促活動が主な仕事です。

 

また、業種問わずどこのメーカーにも経理の駐在員はだいたい存在します。経理として赴任した場合は、現地法人全体の経理・財務面を管理します。

 

ご覧いただいてなんとなくイメージがつくと思いますが、仕事内容自体は日本でやっていることと大きく変わらないんですよね。

 

メーカー駐在員の仕事で大変なのは日本品質を保つこと【想像以上に大変】

では何が海外駐在員の仕事は違うかというと、一番大変なことは「現地の方を動かし、日本品質を保つこと」です。海外駐在の場合、日本品質を守ることが、想像以上に難しんですよね…。

 

例えば事例を一つ。僕は駐在員として貿易の仕事をしており、メーカーに商品を卸していました。

 

メーカーとのやり取りでよくあったことは、「気づいたらこの部品が既に欠品していて、今から24時間以内に部品がないと製造ラインがストップしてしまう…」ということです。

 

本来、部品の調達は、スケジュールから遡って計画をしておき、欠品が出ないように仕立てておくものです。ですが海外の場合、現地スタッフの管理が緩いことはザラにあります。

 

また、約束通りのスケジュールでスタッフが仕事をしないこともザラにあります。

 

このような、「日本ではあまり起こりえないこと」が頻繁に起こることが、メーカーだけでなく、海外駐在全体に共通している仕事事情です。

 

海外に行って思いましたが、日本の仕事の品質、クオリティは本当に凄いです。これは日本人が、自信を持って世界に誇れることです。

 

2. 給与面

続いて気になるお財布事情ですが、年収水準は高いです。

 

実際の年収は企業によって変わるため一概には言えませんが、自動車メーカーも電気メーカーも化学メーカーも、年収1,000万円水準は超えてきます。

 

一つの目安として、海外赴任者の年収は、

 

  • 額面で約1.5倍
  • 手取りで約1.7〜約1.8倍

 

これくらいが相場です。

 

つまり、日本で年収700万円であれば手取りは約540万円ですので、額面で年収1,050万円くらい、手取りで約900万円くらいになります。正直言って、収入水準は極めて良いです。

 

なぜ手取りが増えるかというと、それは現地の税制に基づいて税金支払いが行われるからなのですが、この辺りはかなり専門的で複雑のため、割愛させていただきます。

 

このように、駐在員の給料は手取りが多くなることが特徴なんですよね。

 

※年収水準はあくまで一つの目安のため、これより多くもらっている駐在員や、これより少ない駐在員もいます。

 

海外駐在員の給料・年収事情について元駐在員が暴露する【結論、稼げる】

 

3. 福利厚生・手当面

続いてメーカー駐在員の福利厚生ですが、これも相当恵まれています。

 

例えば一般的なメーカー駐在員の福利厚生には、以下のようなものがあります。

 

メーカー駐在員の福利厚生

・住宅手当(9割〜全額負担が相場)

・車やガソリン代

・お手伝いさん

・ハードシップ手当

・出張手当など

・日本への帰国費用(年1回〜数回分。帯同する家族分も)

 

上記の通りです。

 

一番大きいのは、なんといっても「住まい」です。メーカーに限らず海外駐在員の場合、日本ではとても住めないような豪邸に、会社の負担で住むことができます。

 

例えばタイに赴任をしていたメーカーの駐在員は、ホテルのようなプール付きの豪邸に住み、本当に優雅な暮らしをしていましたよ。

 

住むエリアはだいたい現地で最も治安が良く、生活水準の高いエリアとなります。東京でいうと麻布や六本木のような場所ですね。

 

そのような場所に会社負担で住めるので、現地スタッフからはかなり羨ましがられると同時に、人によっては嫉妬を与えることもしばしばです。

 

他にも車支給(東南アジアは運転できないので運転手が付きます)やお手伝いさんがついたり、日本への帰国費用の全額負担など、数多くの福利厚生があります。

 

このように、メーカーの海外駐在員の福利厚生・手当事情は恵まれています。

 

4. ワークライフバランス面

これは企業や赴任する国によっても大きく変わるものの、僕が見てきた中では、他の業界と比べて、そこまで忙しくない駐在員が多かったですね。

 

例えば僕が赴任していたアフリカのメーカー駐在員は、だいたい夜18時には仕事を終えていましたよ。18時半から駐在員や現地スタッフと飲みにいったり、あるいはジムやゴルフを楽しむなど、ワークライフバランスはかなり整っていました。

 

ただ、忙しい国の場合は、結構遅くまで働いている方も多かったです。まあこの辺りは国や企業、更には人によっても大きく変わります。どんな環境でも残業せず、ワークライフバランスを充実できるような方はいます。

 

収入面を考えれば、多少残業をしても、時給は相当良いことは間違いないです。

 

5. 職場環境面

最後は働く環境面。

 

まずメーカーから海外駐在に行く方の数は総数的にも多いです。特に大手メーカーであれば、海外赴任先にたくさんの日本人がいますので、外国人だけに囲まれて仕事をするかというと、実はそうではないです。

 

特に日本人駐在員が多い環境にいくと、日本よりも日本っぽいんじゃないか?と思うくらいの環境もあります。笑

 

とはいえ、総数でいえば外国人の方が当然多いです。そのため彼ら彼女らと同じ職場で協働しながら、仕事を進めていく醍醐味はもちろんあります。国際的なメンバーとグローバルに働きたいなら、やっぱり海外駐在員の仕事はやりがいがあるし面白いなと感じます。

 

以上が、メーカーの海外駐在員事情です。

 

海外赴任できるメーカー企業は?【駐在員が多いメーカーの企業名はこちら】

海外赴任できるメーカー企業は?【駐在員が多いメーカーの企業名はこちら】

 

実際に海外駐在員を目指せる、具体的なメーカーの企業名も挙げておきますね。

 

海外赴任できるメーカーの企業名

自動車メーカー(トヨタ自動車、いすゞ自動車、三菱自動車、日野自動車など)

自動車部品メーカー(デンソー、矢崎総業、ブリヂストン、アイシン精機、住友電装、豊田紡織、豊田合成など)

電機機器メーカー(パナソニック、SONY、キャノン、三菱電機、日立製作所、富士通、リコー、セイコーエプソンなど)

電子部品メーカー(ミネベアミツミ、村田製作所、日本電産、京セラなど)

化学メーカー(住友化学、東レ、三菱ケミカル、旭化成、富士フィルム、日立化成など)

機械メーカー(コマツ、ダイキン工業、三菱重工業、川崎重工業、クボタなど)

 

これらの企業は特に海外駐在員の数が多い企業で、世界各国に赴任しています。

 

中でもダントツで駐在員が多いのはトヨタ自動車ですね。

 

トヨタが工場を出している国には、トヨタの部品メーカーであるサプライヤー(デンソー、アイシン精機、豊田紡織など)も進出しており、かつトヨタ本体の出張者も数十名単位で中長期出張に来ていることも多いため、トヨタグループの数に圧倒されます。

 

もちろん、上記で挙げている企業以外にもたくさんのメーカーが海外駐在員を輩出しています。

 

このように、海外駐在できる企業は、実は知られていないだけでたくさんあるんですよね。

 

メーカーの海外駐在員を目指す方法

メーカーの海外駐在員を目指す方法

 

まずは「海外駐在員を輩出しているメーカーに入ること」がスタートです。

 

前述通り、海外駐在できる企業は世の中にはたくさんあります。天下のトヨタに入らずとも、メーカー駐在員には全然なれますから。その点はまずご安心ください。

 

では具体的にどのようなステップを踏めばいいかというと、その方法は「海外駐在員になるには?海外赴任したい方へ、元駐在員の僕が方法を解説【NGな方法も併せて紹介】」の記事で解説しています。

 

上記記事の通りに行動していくことが、海外駐在員になるためには間違いなく一番近道です。

 

メーカー駐在員になりたい方は、上記記事の通り行動してみることがオススメです。

 

海外駐在員になるには?海外赴任したい方へ、元駐在員の僕が方法を解説【NGな方法も併せて紹介】

 

メーカーで海外赴任を目指すキャリアおすすめ

【実際どう?】日系メーカーの海外駐在員事情について【元駐在員の僕が徹底解説】

 

メーカーの海外駐在員は、給料良し、福利厚生良し、ワークライフバランスも整っていることが多いため、個人的にはオススメのキャリアです。

 

特に物価の安い国であれば、駐在員として1年勤務するだけでも、年間500万円以上貯めることも十分可能です。

 

現地で楽しく働きつつ、将来のために蓄財をしておけば、40歳くらいでアーリーリタイアし、あとは好きなように自分の人生を生きることもできますし、実際そういう方は僕の周囲でも何人もいます。

 

僕が仲良くさせていただいていた取引先の目上の方は、駐在期間中は日本で買っていたマンションを賃貸で貸してローン返済に充てつつ、駐在期間で8,000万円くらい資産を作り、日本に戻ったら会社を退職、「資産運用+家賃収入」で自分は好きな場所に暮らしています。

 

日本で働いていても、税金は上がる一方で、お金は貯まりません。でも駐在員であれば待遇が良く、かつ「海外駐在経験は転職に有利?元駐在員で現在転職支援をしている僕が解説」でも解説している通り、その後転職する際にも有利なキャリア形成にも繋がります。グローバル人材は市場価値が高いですから。

 

ということで、海外駐在員は逆算して行動すれば、本当に誰でも目指せます。僕だって凡人でしたし、「なんでこの人が??」という駐在員もたくさんいますよ。でもそんな人でも年収1,500万円くらいもらっていました。

 

それを見て、世の中本当に「どこにポジションを取るか」が全てなんだなと感じました。

 

ぜひ、「駐在員のポジション」を勝ち取り、人生を上昇軌道に乗せていきましょう。本当に行動さえすれば、手の届くところにある未来ですから。