初心者が仮想通貨投資を始めるやり方をステップ形式で紹介する

スポンサードリンク

f:id:travewriter:20171213212729j:plain

 

今回は仮想通貨の初心者向けに、仮想通貨投資を始めるやり方をステップ形式で紹介していく。

 

ビットコインが盛り上がっているけど、自分は完全に出遅れてしまった、、、

なんとか次の波には乗りたい、、、

でも何からどうやって始めればいいかわからない、、、

 

あなたがこんなことを思っているなら、今回の記事をぜひ読み進めてみてほしい。

 

まだまだ世間は「仮想通貨とか怪しい」と思っている人がたくさんいる。仮想通貨を支持している人は少数派だろう。

 

だが、いつの時代も、世界構造をガラリと変えるイノベーションや変化は疎まれてきたものだ。インターネットにしろiPhoneにしろ、「そんなものは使えない」と否定するものばかりだった。

 

仮想通貨もこれと同じだ。今はまだ多くの人が信用をしていないが、遅かれ早かれ仮想通貨は世界中に広まっていくだろう。

 

もちろん、仮想通貨の中には、「伸びる仮想通貨」と「伸びない仮想通貨」がある。初心者はどの仮想通貨が良いかなんてわかるはずもないので、おすすめの仮想通貨についても一部紹介していきたい。中長期で見れば廃れていく仮想通貨の方が圧倒的に多いので、どの仮想通貨に投資するかは極めて重要だ。

 

 

スポンサーリンク

仮想通貨って何?

仮想通貨とは、インターネット上の通貨のことだ。

 

仮想通貨は取引所や販売所と呼ばれるウェブサイトで売買することができ、日々価格が需要と供給によって変動している。

 

「ビットコインと仮想通貨は何が違うの?」とたまに聞かれるが、ビットコインは仮想通貨の一種であり、単一の通貨だ。

 

仮想通貨は今、すでに1,000種類以上の通貨が存在していて、その代表的な位置づけがビットコインになっている。1,000種類近くもあるため、どの仮想通貨に投資をするかで、成果は大きく変わってくる。ビットコインにするか、あるいは他の仮想通貨にするか。おすすめの仮想通貨がどれだかわからないと思うので、そのあたりも後ほど紹介していきたい。

 

【初心者向け】仮想通貨投資のやり方

それでは早速、初心者向けに仮想通貨投資の始め方をステップ形式で紹介していく。このステップ通りにまずは進めてみてほしい。リスクを取らない形で紹介していくので、初心者でも安心してやってみてほしい。

 

ステップ1: 取引所の開設

まずは仮想通貨を売買する取引所を開設しよう。僕自身は複数の取引所を使っているが、初心者におすすめの取引所はcoincheck(コインチェック)だ。

 

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

 

coincheckは特に仮想通貨初心者におすすめしている。その理由は「使いやすさ」と「補償制度」の2つだ。

 

まず、coincheckは仮想通貨取引所の中で、初心者でも最も使いやすいサービスだ。下記画像のようにUIも美しく、どこで通貨を売買するかも明確にわかる。現在の資産状況なども一目でわかるようになっているため、初心者でも迷わない作りになっている。僕自身はcoincheck含む、複数の取引所(海外の取引所含む)を使用しているが、最初に使ったのがcoincheckで、実際に一番使いやすかった。

 

f:id:travewriter:20171211102749j:plain

 

また、coincheckは万が一の盗難リスクの際に金銭補償がついている。仮想通貨はネット上の通貨を扱うので、どうしてもハッキングや盗難のリスクが存在する。盗まれたらおしまいで、初心者はどうやって自分のお金を守ればいいかわからないだろう。僕もわからなかった。

 

その点、coincheckは入金した日本円・購入した仮想通貨ともに、100万円までなら損失補償がついている。万が一不正アクセスをされお金がなくなってしまった場合でも、100万円は補償されるのだ。これほど安心な補償は他の取引所にはない。

 

せっかく投資をしてお金を増やそうとしているのに、盗まれてなくなるなんてバカな話じゃないか。僕はそう思ったので、特に投資額の少ない初期段階は、補償が手厚いcoincheckを使ったわけだ。おかげで心も平穏に毎日を過ごし、仮想通貨のチャートや情報収集に勤しむことができた。

 

なので、初心者のあなたはまずcoincheck(コインチェック)に登録をしよう。登録は完全に無料で、登録時点ではリスクも何もないので安心して進んでほしい。以下リンクから登録できる。登録までは数分、完全に利用できるまでは数日だ。

 

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

 

基本的には画面に沿ってやればできるので問題ないが、より詳しい口座開設方法を見ながら登録を進めたいなら以下の記事を見ながら進めてほしい。僕自身が実際の画面などを見せながら登録までの手続きを紹介している。

 

coincheckの開設方法はこちらから>>>coincheck(コインチェック)ってぶっちゃけどうなの?評判や特徴をユーザーの僕が明かしていく

 

ステップ2: 各コインの特徴を知る

coincheckで取引所を開設したら、各コインの特徴について調べてみよう。coincheckには以下のコインを現在取り扱っている。

 

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XMR(モネロ)
  • REP(オーガー)
  • XRP(リップル)
  • ZEC(ジーキャッシュ)
  • XEM(ゼム)
  • LTC(ライトコイン)
  • DASH(ダッシュ)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)

 

各コインの特徴を調べていくにつれて、仮想通貨界隈の情報全体にも詳しくなっていく。

 

仮想通貨の情報を仕入れるなら海外ニュースとTwitterが良い。現状、日本のニュースはあまりあてにならない。僕はもともと海外にも住んでいて英語を使えるので海外ニュースを直接仕入れているが、もしあなたが英語が苦手なら、Twitterで海外の仮想通貨事情を紹介している人をフォローしておくと良い。Twitterで「ビットコインキャッシュ」など特定の仮想通貨を検索すれば、主要どころは出てくる。

 

ちなみに以下の記事でも書いたが、個人的なおすすめはビットコインキャッシュだ。

 

【ビットコインキャッシュの将来性】ビットコインキャッシュを100万円追加投資した理由

 

ビットコインキャッシュは僕のポートフォリオの中でも大きな割合を占めていて、これからの伸びに期待している。

 

逆に僕は、ビットコインはあまり評価していない。いまはブランド名でビットコインばかり買われているが、実際ビットコインよりもビットコインキャッシュの方が性能が優れている。いずれ、膨張したビットコインの価格は実態価格に戻り、逆にビットコインキャッシュは低評価の価格が実態の価値に追いつくだろう。

 

これを読んでいる人も、僕個人的にはビットコインキャッシュを買うことを勧めたい。他にもイーサリアム、リップル、ビットぜニーなど、今後が期待できる通貨は多い。ただし上がらない可能性ももちろんあるので、投資判断は自己責任でやってほしい。

  

ステップ3: 小額で資金を入金する

慣れてきたら、小額で資金を入金しよう。入金方法は簡単で、coincheck上にあなた専用の送金口座番号が書いてあるので、その口座宛に送金を行えば良い。コンビニ入金やペイジーでの入金もできる。

 

coincheckの場合はりそな銀行と住信SBIネット銀行の2つの口座がある。そのどちらに入金しても反映されるが、住信SBIネット銀行の方が手数料は平均して安いのでこちら宛に送金をすると良い。

 

ステップ4: 実際に小額で買ってみて、相場を体感する

実際に入金が完了したら、早速小額で買ってみよう。

 

小額でスタートする目的は「相場を体感すること」だ。仮想通貨の相場は、通常の株式市場と比べても変動幅が大きい。1日で10%の変動は日常茶飯事で、その値動きにまずは慣れる必要がある。

 

いきなり1,000万円を投資して、毎日100万円単位で資産変動があるのは我慢できないと思う。それなら1万円投資をして、1,000円の変動幅でまずは相場に慣れる方が良い。

 

ステップ5: 慣れてきたら資金を追加投入し、本格的にスタート

慣れてきたら、余剰資金の範囲内で資金を追加投入して、本格的に仮想通貨投資をスタートしよう。

 

「取引所にお金を入金したら盗難リスクとかありそうじゃない?」と思うなら思い返してみてほしい。coincheckでは100万円までの補償がついている。なので、まずは補償内の100万円の範囲内で資金を動かすと良い。

 

ステップ6: 基本的には中長期保有で

仮想通貨投資の進め方として、僕のおすすめは中長期保有だ。

 

仮想通貨は短期何度も取引をする場合、手数料で損をしやすい。手数料がもともと高いため、買った瞬間に売ると損するケースが多いのだ。

 

また、過疎通貨は何と言っても税金が高い。株式投資などのように税率が優遇されているわけでもなく、利益の金額によっては33%、40%、45%と税金で大きく取られてしまう。ビットコインから日本円や他のコインに換金されて利確されると、そこで税金が発生する仕組みだ。(例:10万円で買ったビットコイで50万円分のアルトコインを購入した場合、40万円分の利益が出るのでこの40万円に税金がかかる)

 

何度もトレードを繰り返していると、手数料や税金で損をしやすいのが仮想通貨市場だ。逆に、トレード回数を減らし、中長期で保有すると大きく値上がりするケースは過去を見ていても多い。やるなら中長期投資がおすすめだ。

 

ただし、中長期投資でやる場合、その過程で何度も暴騰・暴落を体験することになる。これに耐えうるだけの精神力は必要だ。すぐに手放してしまうようでは、最初から手を出さずに諦めた方がいい。

 

 仮想通貨投資で初心者が気をつけるべきこと

ここまで仮想通貨の始め方をステップ形式でお伝えしてきたが、イメージが湧いただろうか?

 

ここでは、仮想通貨投資で初心者が気をつけておくべきポイントもまとめた。

 

セキュリティを万全にする

まずはセキュリティだ。仮想通貨の取引をする際はネット上で取引をする。つまり、あなたのパソコンやスマホ、あなたの個人情報などが漏れた場合、その情報を使って取引所にログインし、不正に金額を取られる可能性もあるわけだ。

 

それを防ぐために、セキュリティ対策をしておく必要がある。その方法が具体的には次の通りだ。

 

メールアドレス・ログインパスワードの扱いに注意する

まずは取引所登録のメールアドレスとログインパスワードだ。この2つは絶対に漏らしてはいけない。もし誰かにメールアドレスとログインパスワードが漏れた場合、あなたの資産や仮想通貨を送金されて盗まれてしまう可能性がある。

 

だからこそ、メールアドレスは普段使っていないアドレスを用意し、ログインパスワードはできるだけ難解で複雑なものを設定しよう。パスワードについては最低15文字以上はほしい。ここは手間をかける価値がある箇所なので、絶対にやっておこう。盗まれたら元も子もない。

 

二段階認証を設定する

もう一つ、取引所ログイン用に二段階認証設定をしよう。この二段階認証とは、たとえばあなたが取引所にメールアドレスとログインパスワードを入力したとき、さらにもう一つパスコードを発行する仕組みだ。

 

そしてこのパスコードは、あらかじめ登録しておいたあなたのスマホのみで通常閲覧することができる。つまり、たとえ誰かにメールアドレスとログインパスワードがバレても、二段階認証を設定すればアクセスまでされないようになるのだ。

 

coincheckはこの二段階認証設定があらかじめ設定できるようになっている。詳しくは以下の記事を通じて読んで実践してみてほしい。

 

coincheckで二段階認証設定をする>>>coincheck(コインチェック)ってぶっちゃけどうなの?評判や特徴をユーザーの僕が明かしていく

 

税金に気をつける

仮想通貨で怖いのは税金だ。

 

普通にサラリーマンをしているとなかなか気づかないが、僕たちは儲けたお金に対して税金を支払わなければならない。税金のことはややこしいのであまり深くは述べられないが、例えば今年大きな利益を上げると、翌年の確定申告を通じて税金を支払うことになる。

 

つまり、

 

今年大きな成果が出て、今年中に利確する(翌年で税金支払い確定)

→散財して資金を使い果たす or 翌年初めに暴落して資金がなくなる

→手元にお金がないのに膨大な税金の支払いが来る

 

こういうことが起こり得てしまう。通常の株式投資は「源泉徴収あり」を設定して税金を先に支払い、税引後の金額を受け取る設定ができるので、後から税金に追われることは避けられる。

 

だが、仮想通貨はそこまで制度が整っていないため、もし大きな成果が出て利確した場合、後から膨大な税金が来ることを絶対に忘れてはいけない。

 

今年の仮想通貨市場は盛り上がった。来年は多くの破産者が出るだろう。税金については十分気をつけてほしい。利益が少額なら問題ない。

 

まとめ

今回は仮想通貨初心者が、仮想通貨投資を始めるやり方をステップ形式で紹介した。

 

  • 仮想通貨は怪しい
  • 仮想通貨なんて流行るはずがない
  • 仮想通貨はこれから暴落する

 

そう思うのはそれぞれの勝手だ。僕自身も最初は怪しさ満点だなと思っていた。

 

だが、いつの時代も、新しい技術は懐疑を抱かれてきたものだ。そういう時代の変化をいち早く掴み、乗れる人が、どんな時代においても先行者利益をとってきたのも事実だ。

 

それなら、致命傷を負わない範囲で、その船に乗ってみることは賢明だと思う。僕だって仮想通貨の未来を100%予想しているわけではない。そんなのできっこない。

 

ただし、わからないなりにも「期待値」を考えれば、仮想通貨は少ない投資額でも大きな恩恵を受けることができる。わからないからと言って見過ごすには、あまりに勿体ないと僕は感じた。

 

仮想通貨は余剰資金で投資をするだけでも、大きなチャンスが眠っている。これは、他の株式投資、債権投資などでは難しい。リスクを軽減しながら大船に乗るチャンスがあるのに、乗らないのは逆に勿体ないのではないだろうか?

 

仮想通貨の船は、あっという間に先へ行く。いまはまだ全体の3%しか投資をしていない分野だ。

 

マーケティングにおいては、イノベーター(最初にスタートした2.5%)とアーリーアダプター(次の13.5%)が市場に参入すると、その市場は急速に拡大すると言われている。もうイノベーター(革新者)にはなれないが、いまならまだアーリーアダプター(初期採用者)になれる。まだ間に合う。

 

あと数日で見える景色もガラリと変わるかもしれない。気になっているなら、急ごう。

 

*あくまで個人的な見解に基づくため、投資は余剰資金の範囲内で、かつ自己責任でお願いいたします

 

▼仮想通貨投資を始めてみたいなら早速始めてみよう。初心者なら補償がしっかりしているcoincheckがおすすめだ▼
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

 

coincheck(コインチェック)について知りたいならこちら>>>coincheck(コインチェック)ってぶっちゃけどうなの?評判や特徴をユーザーの僕が明かしていく

RELATED