HiNative Trekは英語のアウトプットに最適!実際に使ってみたので評判やレビューをまとめた

スポンサードリンク

f:id:travewriter:20180218143008j:plain

 

僕は今でこそ英語を使ってプレゼンをしたり、外国人の部下のマネジメントを英語を使ってできるようになりましたが、昔はとにかくひどかったです。読み書きはそこそこできましたが、それでも会話になると緊張して話せず、もちろんビジネス英語なんて以ての外でした。

 

そんな状態だった僕でも、今では英語を自在に使えるようになりました。ですから、誰でも真剣にやれば英語は話せるようになる。自身の経験から僕はそう思っています。

 

さて、それらの経験を踏まえて僕が思うことがもう一つあります。それは、英語を話せるようになるためにはインプットも大切ですが、それ以上にアウトプットが大事ということです。

 

英語が話せるようにならないと嘆く日本人は多くいますが、僕が見ている限りでは、圧倒的に英語のアウトプットの量が足りていません

 

とはいえ、外国人の友達でも周囲にいなければ、毎日アウトプットの機会を得るには英会話スクールに通ったりしなければいけません。でも、駅前留学は高いし、それに通うのも面倒です。

 

そんなあなたに、毎日手軽に英語のアウトプットの機会を持つことができるサービスをご紹介します。それこそが、HiNative Trekというサービスです。

 

▼スマホで毎日英語のアウトプットを。今すぐ使ってみたい方はこちら▼

 

 

スポンサーリンク

HiNative Trekとは?

f:id:travewriter:20180218135444p:plain

 

HiNative Trekとは、英語のアウトプットに特化した、英語勉強用のサービスです。スマホはもちろん、PCのブラウザでも利用できます。

 

HiNative Trekを一言で表すと、1日1回課題が届き、その課題に対して作文と音声をWebで投稿し、その個別フィードバックをネイティブの先生から受け取れるサービスです。予約は不要、いつでもどこでも英語のアウトプットの練習ができます。

 

そしてHiNative Trekの優れているところは、ただアウトプットをするだけじゃなく、ちゃんとネイティブの先生が添削してくれることです。

 

要は、英語のパーソナルトレーナーがあなたに付くようなイメージです。毎日課題が届くのでそれに答えて、パーソナルトレーナーがマンツーマンでサポートしてくれる。そんなイメージです。

 

普通、こういうサービスを受けようとすると、どこかのスクールに入る必要があります。その点、HiNative Trekなら、あなたのスマホでいつでもどこでも英会話のアウトプットができるんですね。僕はこれまでいろんなアプリをこれまで使ってきましたが、HiNative Trekは他のアプリにはない良さがあると感じました。

 

料金は月額プランで9,800円/月、1年プランで8,167円/月(98,000円/12ヶ月)です。少し高いと感じるかもしれませんが、駅前留学でパーソナルトレーナーをつければ数十万円とかかってきます。

 

個別指導をしてくれ、自分の英語を矯正してくれると思えば良い投資だと思いますよ。英語ができるようになれば、年収だって上がりますしキャリアにも活きます。

 

実際、僕も英語ができるようになって年収が上がりました海外駐在に行った時は年収も百万円単位で上がりました

 

グローバル化が進んでいるこのご時世ですから、英語学習で使った費用の元は、すぐに回収できると思いますよ。僕もいろいろとお金をかけてきましたが、それはもう十二分に回収できましたし、まだまだ価値を生んでくれています。

 

HiNative Trekの使い方と感想レビュー

では早速、実際の画面を見ながらHiNative Trekの使い方や感想をレビューしていきます。

 

HiNative Trekの使い方は次の流れです。

 

  1. 平日に毎日課題が届く
  2. 英作文と発音をWebから投稿する
  3. すぐに模範解答が音声つきで確認できる
  4. 13時までに投稿された課題は、当日中にネイティブの先生が音声つきで添削をしてくれる
  5. 質問があれば3往復まで追加で質問できる

 

上記の流れに沿ってみていきましょう。以下は実際の画面です。以下のように、平日毎日1回、課題が出てきます。今回は2/12(月)にやった課題をサンプルに使い方を紹介していきます。

 

f:id:travewriter:20180218133427p:plain

 

以下図の左が英作文の問題です。日本語で表示されている「Travis、5年後の自分をどう見てますか?」という日本語の文章を英語に直し、右図のように英文に書き直して投稿します。この時、一緒に英文の音声も投稿をしておきます。

 

f:id:travewriter:20180218133533p:plain f:id:travewriter:20180218133544p:plain

 

提出すると、すぐに模範解答が以下の通り出てきました。今回は僕が書いた解答とほぼ一緒ですね。最後の”?”と”.”の違いだけのようです。

 

f:id:travewriter:20180218133831p:plain

 

この後しばらくすると、ネイティブの先生から添削が来ます。今回は誤りがなかったので指摘がなかったのですが、もし指摘点があった場合は以下のように指摘をしてくれます。

 

f:id:travewriter:20180219210439j:plain

 

このように、どこが不自然で、どのように言うとネイティヴが使う自然なフレーズになるか、具体的に改善点を教えてくれます。この添削の質がとても高く、かつ細かく丁寧です。これを毎日続けていくことで、自然なビジネス表現が学べるようになっています。

 

1回あたりの課題はこれだけです。「えっ?たったこれだけ?」と思うかもしれません。

 

ですが、何より大切なのは、毎日継続して続けることです。ですから、HiNative Trekなら1日10分もあれば十分できますし、継続していけば上達していきますよ。  

 

HiNative Trekはこんな人におすすめ

これらを踏まえて、HiNative Trekは以下のような人におすすめです。

 

ビジネス英語を学びたい人

まずはビジネス英語を学びたい人です。

 

HiNative Trekは、実際のビジネスシーンを想定した英語を学ぶアプリです。使われている英語を一通り見ていると、実際に僕が海外にいた時、外国人が頻繁に使っていたフレーズがたくさんありました。

 

ですから、将来英語を使って仕事がしたい、海外で働きたいという人に、HiNative Trekはおすすめです。

 

実践的なスピーキング力・リスニング力をつけたい人

実践的なスピーキング力、リスニング力をつけたい人にもおすすめです。

 

HiNative Trekは前述通り、音声投稿をして、その添削もしてくれます。自分の英語表現に誤りがあったら指摘してくれますし、そういう指摘は一人で勉強していたらなかなか気づかないことです。

 

日本人は読み書きは得意ですが、話す聞くは苦手です。その話す・聞く力を、HiNative TrekならスマホやPCを通じて身につけることができます。

 

英語のアウトプットの機会が日常にほとんどない人 

最後は英語のアウトプットの機会が日常にほとんどない人です。

 

HiNative Trekは手軽に英語のアウトプットの機会を持つことができるサービスです。いつでもどこでも、スマホかPCさえあればアウトプット学習ができます。

 

前述通り、実践的な英語力を身につけるためには、アウトプットは避けて通れません。そのアウトプットの機会を手軽に作ることができるのが、HiNative Trekなんです。

 

▼スマホで毎日英語のアウトプットを。HiNative Trekの公式サイトはこちらから▼

 

よくある質問

あなたがより客観的にHiNative Trekの利用を検討できるよう、ここではよくある質問もまとめてみました。

 

教材はどんな感じ?ビジネス英語?日常英会話?

HiNative Trekはビジネス英語に特化した内容です。ですので、ビジネス英語を徹底的に学びたい人におすすめです。

 

ちなみに、もし日常英会話を学びたいなら、スタディサプリEnglishがおすすめです。スタディサプリEnglishは、外国人と日常で話す英会話を、格安で学ぶことができるスマホアプリです。以下の記事で体験談をかなり詳しく書いているので、日常英会話を学びたい人はこちらを読んでみてください。

 

関連記事>>>スタディサプリENGLISHを1年間使ってきたので、使い方や評判をまとめた

 

コースは選べるの?

ビジネスコースとITコースの2種類を選ぶことができます。

 

ビジネスコースでは、一般的に使うビジネス英語を幅広く学ぶことができます。先ほどサンプルで説明した課題はビジネスコースのものです。

 

ITコースは、ITやWeb業界、スタートアップで使うIT英語を専門で学ぶことができます。これらの業界にいて、これからグローバルに事業を展開していきたい人におすすめです。

 

HiNative Trekは著名な経営者も使っています。例えばIT関連ではかなり著名な、株式会社nanapiのけんすうさんも利用者です。僕の周囲でも、特にビジネス界隈で利用者は多いです。

 

どのくらいのレベルの人に最適?初心者でも受けられる?

実際に使ってみた感想としては、初心者〜中級者に一番最適だと思います。

 

特にビジネスコースは、基本的なビジネス英語から学ぶことができます。まだビジネスで英語を使ったことがない人は、HiNative Trekで基本的な言い回しなどを覚えていくと良いですよ。

 

先生はどんな人なの?

英語ネイティブの人たちが先生となります。IT分野でビジネス経験がある方など、ビジネス経験豊富な方が先生となります。

 

やりとりをしていると、スクール講師としての質は全く問題ないと感じました。先生はみんなネイティブの方なので、毎回の指摘もとても的を得ていると使っていて感じます。

 

月額プランか年額プランか悩むんだけど・・

迷うなら月額プランにしておきましょう。というのも、もし年額プランを契約した場合、費用は初回に一括で支払う必要があり、かつ途中で辞めたくなっても返金制度がないからです。

 

月額プランであれば、毎月受講費用を払っていく形になります。ですから、もし辞めたくなればその時に解約すれば、その後の費用は発生しません。

 

ですから、「いや、私は1年間みっちりHiNative Trekでビジネス英語を学ぶんだ!」という方以外は、月額プランの方が良いと僕は思います。

 

ちなみに月額プランで解約をする場合、月の途中で解約しても、その月分の費用は全額かかります。月初めに解約しても同じ価格になるので、もし解約するならギリギリまで使いましょう。

 

なお、有料会員登録を解除しても、無料会員を解除しなければ過去の課題はずっと見ることができます。有料会員退会後の1ヶ月は、課題提出をすることもできますよ。

 

まとめ

今回はHiNative Trekを使った体験レビューや感想を書いてきました。

 

英語はアウトプットを積み重ねることで、話せるようになっていきます。その点HiNative Trekなら、手軽にアウトプットの機会を持つことができます。

 

ネットでいくら調べても、自分に合うかどうかは最終的に自分でやってみないとわかりません。もし少しでも気になるなら、まずは1ヶ月の月額プランを利用し、一度あなたのスマホで使ってみると良いですよ。 HiNative Trekの詳細は以下のボタンから見てみてくださいね。

 

▼スマホで毎日英語のアウトプットを。HiNative Trekの公式サイトはコチラから▼

RELATED