FLOCブロックチェーン大学校の評判【他のブロックチェーンスクールと徹底比較】

スポンサードリンク

FLOCブロックチェーン大学校の評判【他のブロックチェーンスクールと徹底比較】

 

  • 「FLOCブロックチェーン大学校」というブロックチェーンが学べるスクールが開校したらしいけど、どんなスクールなんだろう?FLOCブロックチェーン大学校の特徴や、ほかのブロックチェーンスクールとの違いが知りたい。

 

今回はこういった疑問に答えていきます。

 

ブロックチェーンはインターネットの次を担う革命的な技術と言われています。ブロックチェーンは間違いなくこれからのテクノロジーの中心になっていくでしょうし、先見の明がある方は、いまブロックチェーンを学んでいます。

 

一方で、ブロックチェーンを本格的に学べる環境はまだまだ少ないのが現状です。

 

だからこそ、今回ご紹介するFLOC(フロック)ブロックチェーン大学校は、ブロックチェーンを学ぶ上で外せないスクールとなっています。

 

そこで今回の記事では、FLOCブロックチェーン大学校について、ブロックチェーンが学べるほかの主要プログラミングスクールと比較しながら解説をしていきます。

 

これを書いている僕のことを簡単にご紹介すると、もともとプログラミングは未経験でしたが、プログラミングスクールを使ってスキルを習得。現在は当時身につけたスキルを使って個人で稼いでいます。

 

その過程でプログラミングスクールを複数社使ってきた経験もあり、プログラミングスクールの実態については普通の人より詳しいかと思っています。本記事では僕自身がこれまでみてきた結果として、ブロックチェーンを学べるオススメのスクールを理由を交えながら比較紹介していきます。

 

本記事を読めば、FLOCブロックチェーンを受けるべきかわかるようになりますよ。5分ほどで読めますので続きをどうぞ。

 

▼すぐに受講したい方はこちら👇

 

 

スポンサーリンク

FLOCブロックチェーン大学校と他のスクールの比較【評判・レビュー】

FLOCブロックチェーン大学校と他のスクールの比較

 

まずはじめに現時点でブロックチェーンを学べる主要プログラミングスクールは以下の3社です。

 

  1. FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校
  2. TechAcademy
  3. テックブースト

 

ブロックチェーン大学校に加えて、TechAcademyとテックブースト、この3社がブロックチェーンが学べる主要プログラミングスクールです。

 

この主要3社をそれぞれ比較すると以下の通りです。

 

  FLOCブロックチェーン大学校 TechAcademy テックブースト
コース ブロックチェーン専用のカリキュラム ブロックチェーン専用のカリキュラム ブロックチェーンはカリキュラムの一部のみ
レッスン形態 教室・Web受講両方 Web受講 教室・Web受講両方
受講期間 3ヶ月(2日間の短期コースもあり) 4週間、8週間、12週間 3ヶ月
3ヶ月の費用(税別) 198,000円(税別) *Web受講の場合+5万円 239,000円(税別) 99,800円(税別)
受講制限 なし なし 就職意思がある方
講師 プロエンジニア プロエンジニア プロエンジニア
レッスン形式 授業形式 自主学習+質問し放題+週2回のメンタリング 自主学習+質問し放題
就職サポートの有無 あり あり あり

 

結論から言うと、ブロックチェーンを学ぶならFLOC(フロック)ブロックチェーン大学校TechAcademyのどちらかを選べば間違いないです。理由はどちらもブロックチェーン専門のコースが存在するからです。

 

テックブーストもブロックチェーンを学ぶことができますが、ブロックチェーンを学べるのはあくまで全体カリキュラムの一部だけでして、ブロックチェーン単独をがっつり学ぶスクールではありません。

 

その点FLOCブロックチェーン大学校とTechAcademyであれば、両者ともブロックチェーン専門のコースを、有識者から学ぶことができます。

 

ですから、ブロックチェーンをしっかり学びたいなら、ブロックチェーン単体で専門コースを用意しているFLOC(フロック)ブロックチェーン大学校TechAcademyを選ぶことがおすすめです。徹底的にブロックチェーンを学べるからです。

 

じゃあFLOCブロックチェーン大学校、TechAcademyのどちらを選ぶかは、どちらも無料体験があるので、実際に無料で試してみて、最終的にどちらを受けるか決めると良いですね。

 

FLOCブロックチェーン大学校とTechAcademyの大きな違いとしては、受講形式です

 

FLOCブロックチェーン大学校は授業型の形式で、週1回90分の講義を12回に分けて受けます。

 

一方Techacademyは授業は存在せず、自主学習形式です。オンラインカリキュラムを自己学習しながら、メンター(講師)との週2回のメンタリングや、毎日使えるテキストチャットサポートで質問しながら勉強を進めていく形式です。どちらが良いということはありませんが、人によっては授業形式が良い方、自主学習形式が良い方もいるので、両方ためしてみることをおすすめします。

 

なお、TechAcademyの無料体験ではブロックチェーンは学べません。とはいえ、プログラミングの基礎に触れられますし、どんな形式で学習を進めていくかも実際におためしできるので、使ってみると良いですよ。どちらも以下の公式サイトから無料体験の申し込みが可能です。

 

▼FLOCブロックチェーン大学校の無料体験はこちらから👇

 

▼TechAcademyの無料体験はこちらから👇

 

FLOCブロックチェーン大学校の概要

FLOCブロックチェーン大学校の概要

 

ここで、FLOCブロックチェーン大学校の概要を簡単にご紹介しておきます。

 

3ヶ月のカリキュラムでブロックチェーン技術が習得できる

FLOCブロックチェーン大学校の概要

 

FLOCブロックチェーン大学校では、3ヶ月のカリキュラムでブロックチェーン技術を習得できます。

 

FLOCブロックチェーン大学校では以下のコースがあります。

 

  1. 基礎コース(短期集中の2日間コース)90分 x 8回 198,000円
  2. エンジニアコース(3ヶ月コース)90分 x 12回 198,000円
  3. ビジネスコース(3ヶ月コース) 90分 x 12回 198,000円

 

このうち「2のエンジニアコース」は、一定のプログラミング経験がある方のみ受けることができます。ですので、プログラミング経験がない方は、まずはスクールでも良いので経験を積む必要があります。

 

一方、「1の基礎コース」「3のビジネスコース」は未経験でも受講可能です。

 

なお、FLOCブロックチェーン大学校では、習得した技術を独自のスコアリング指標で図ります。その指標がCDLT(Certification for Distributed Ledger Technology)というもので、カリキュラム修了時にはCDLTの修了証が与えられます。

 

なお、レッスン回数12回となっていますが、CDLTのスコアが基準に満たさない場合、最長2年間、何度でもレッスン受講が可能です。スキルや知見が身につくまで徹底的に受講できるので、その点は安心して受けられるポイントです。

 

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校

 

実力あるブロックチェーン技術者から直接学べる

ブロックチェーン大学校では、ブロックチェーンに精通した技術者からブロックチェーンを学ぶことができます。

 

ブロックチェーンが学べる環境は限られていると述べましたが、ブロックチェーンを教えられる技術者の数もまた限られます。

 

ですのでFLOCブロックチェーン大学校を使えば、国内でも数少ないブロックチェーン技術者から、実践で使える技術を最短で学ぶことができます。

 

ブロックチェーンを扱う企業へ就職サポートをしてもらえる

FLOCブロックチェーン大学校では、ブロックチェーンを扱う企業への就職サポートもしてくれます。

 

というのも、FLOCブロックチェーン大学校を運営している株式会社FLOCが人材紹介事業をやっているからです。

 

ブロックチェーン技術者が欲しい企業はいま急速に増えていますし、今後はさらに増えていきます。だからこそ、早い段階でブロックチェーンエンジニアとして実務経験を積むことには価値があります。

 

FLOCブロックチェーン大学校を使えば、そんなブロックチェーンエンジニアにいち早くなることができます。

 

「ブロックチェーン技術者になりたい」

「ブロックチェーンで何か仕事がしたい」

 

そんな方にはぴったりのスクールです。

 

運営企業やアドバイザーが著名かつ実力者なので安心して受講できる

FLOCブロックチェーン大学校を運営している株式会社FLOCの親会社は、日本ファイナンシャルアカデミーという「お金の学校」を運営している会社です。ファイナンシャルアカデミーは過去100万人以上の受講生を輩出している、国内でも代表的なスクールです。

 

プログラミングスクールの中には運営会社があまり規模の大きくないところも多いですが、FLOCブロックチェーン大学校は運営元がかなり規模が大きく安定しているので、その点では他のスクールにはない安心感があります。

 

また、FLOCブロックチェーン大学校のアドバイザーは竹中平蔵氏です。

f:id:travewriter:20180729221200p:plain

政界の著名人であった方で、経済面でも非常に頭脳明晰な方です。当然ながら、あらゆる業界・技術を理解した上で、ブロックチェーンの将来性を認めているからこそアドバイザーになっているわけです。その点でも安心して受けられるスクールです。

 

▼FLOCブロックチェーン大学校の無料体験はこちら👇

 

FLOCブロックチェーン大学校はこんな人におすすめ

FLOCブロックチェーン大学校はこんな人におすすめ

 

  1. ブロックチェーン技術を本格的に学びたい人
  2. この先食べるに困らないスキルを身に付けたい人
  3. 高収入を実現したい人

 

このいずれかに当てはまる人に、FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校はおすすめです。

 

1. ブロックチェーン技術を本格的に学びたい人 

前述通り、本格的にブロックチェーン技術を学べるスクールはまだ少ないです。

 

特にFLOCブロックチェーン大学校は、ブロックチェーン専門の学校であり、かつブロックチェーン技術者が直接実践的な知識やスキルを教えてくれる、数少ないスクールです。

 

ブロックチェーンを学びたい人にとっては絶対に外せないスクールです。

 

2. この先食べるに困らないスキルを身に付けたい人

冒頭の通り、ブロックチェーンはインターネットの次を創る技術と言われています。だからこそ、今のうちにブロックチェーン技術を学んでおけば、この先長きに渡って重宝され続けることは明白です。

 

今後もブロックチェーン業界にお金や仕事は流れてきます。その時、ブロックチェーンの技術をあなたが持っていれば、そういった仕事を継続的に請けることができます。

 

3. 高収入を実現したい人

ただ仕事に食べるに困らないだけでなく、ブロックチェーンエンジニアは需要が高い上に供給の数が少ないので、高収入も実現できます。

 

僕の知人でも、ブロックチェーンエンジニアをやっている方がいますが、その方は年収1,000万円を超えています

 

ブロックチェーンは希少性の高いスキルですし、最近だとビットコインの知名度によって注目されているので、ブロックチェーン技術をビジネスに応用したい企業は増えています。

 

だからこそ、ブロックチェーン技術者が少ないいまのうちに、スキルを学んでおくことには大きな価値があります。

 

まとめ

FLOCブロックチェーン大学校の評判【他のブロックチェーンスクールと徹底比較】

 

繰り返しますが、ブロックチェーンはこれから益々発展していく分野です。

 

どうせこれからプログラミングを学ぶなら、将来性があり、かつエンジニアの数が不足している分野を選んだほうが、結果として自分の市場価値が上がり、待遇も良くなります。

でも、そんなブロックチェーンを学べるスクールはまだほとんどないです。だからこそ、ブロックチェーン専門の学校で、ブロックチェーン技術者から直接学べるFLOC(フロック)ブロックチェーン大学校を活用することが必要です。

 

前述通り、FLOCブロックチェーン大学校は無料体験コースを準備しているので、まずはここから参加してみることが良いですね。この無料体験も非常に好評でして、開校からわずか3ヶ月で1,000名を超える人がすでに、この無料体験に参加しています。

 

先見の明がある人は、すでに行動を起こしています。でも、今ならまだ間に合います。今ならまだ他のライバルを出し抜き、ブロックチェーン技術者して市場価値の高い人材になれます。

 

だからこそ、ブロックチェーンに少しでも関心があるなら、まずは行動を起こしましょう。特にブロックチェーンのような最新技術はネットであれこれ考えていてもわかりません。

 

まずは第一歩を。「あのとき行動しておけばよかった」と、後悔する前に。

 

▼無料体験はこちらから👇

  

RELATED