【スクール経験者が語る】ポテパンキャンプを他スクールとわかりやすく比較紹介します【評判、口コミ】

スポンサードリンク

ポテパンキャンプ 評判

 

ポテパンキャンプは無料カウンセリングをやっています。すぐに受けたい方はこちらから無料で申し込み可能です。

>>ポテパンキャンプ無料カウンセリングを受けてみる

 

  • ポテパンキャンプってどんなプログラミングスクールなんだろう?他のスクールとの違いをわかりやすく知りたいな。

 

今回はこういった疑問に答えていきます。

 

簡単に僕のことをご紹介すると、プログラミング未経験でしたが、プログラミングスクールを受講したことで、スキルを身につけました。

 

プログラミングスクール選びって悩みますよね。僕もどこを受けようかすごく悩みましたが、悩んでいても仕方ないと思い、無料体験を複数使ってみたんですね。僕が実際に受講したスクールは以下のスクールです。

 

  1. TechAcademy 1ヶ月間短期集中で受けたスクールです。ここでスキルを身につけました
  2. TECH::CAMPTechAcademyと同時期に受けました。TechAcademy一本に集中するため途中退会。
  3. CodeCamp 無料体験で試してみました
  4. GEEK JOB 半日の体験会・説明会に行ってきました

 

上記4つですね。最終的にメインとして使ったのはTechAcademy です。このスクールを通じてスキルを身につけることができました。

 

さて、こんな感じで複数のスクールを実際に経験しています。また、僕は現在エンジニアの就職支援の仕事もしています。そのため、プログラミングスクール出身者の就職事情も把握しています。ですから、プログラミングスクールの選び方やエンジニア就職/転職に関しては、普通の人よりかなり詳しいと自負しています。実態をこの目で見ていますからね。

 

さて今回は僕の経験から、ポテパンキャンプ の実態を、他のスクールと比較しながらどこよりもわかりやすく紹介していきます。ポテパンキャンプを受けるかどうか悩んでいるなら、他のスクールとの違いを必ず知っておいた方が良いですよ。本記事を読めば、その違いがはっきりとわかるようになっているので、ポテパンキャンプを受けるべきか、もう悩むことは無くなります。

 

*本記事はポテパンキャンプについてですが、大前提として、ポテパンキャンプを受講できるのは「首都圏在住の20代の方限定」です。それ以外の方は受講できないので、その場合は【これで決定です】Rubyが学べるプログラミングスクールを5社厳選【経験者が語る】の記事で他のおすすめRubyスクールをまとめているのでこちらをどうぞ。 

 

 

スポンサーリンク

ポテパンキャンプとは?

ポテパンキャンプ 評判
  • 受講スタイル:オフライン(東京)
  • 費用    :3ヶ月108,000円(税抜)4ヶ月162,000円(税抜)
  • コース   :キャリアコース(3ヶ月)ビギナーコース(4ヶ月)
  • 学べる言語 :Ruby
  • 期間    :3ヶ月から
  • 講師    :プロのエンジニア
  • 無料体験  :無料体験あり
  • 特筆点   :格安の一言。就職成功すれば”無料”になります
  • おすすめな人:安く受講することが第一優先の人(無料も可能です)

 

ポテパンキャンプ はRubyが学べるプログラミングスクールです。ポテパンキャンプを運営している会社は株式会社ポテパンでして、株式会社ポテパンはポテパンキャンプの他に、転職エージェントのポテパンキャリア、フリーランス向けエージェントのポテパンフリーランスを運営しています。

 

プログラミング教育、エンジニア就職/転職、そしてフリーランス向けの案件エージェントと、エンジニアにかかわるサービスを一貫して行っているのが特徴です。

 

つまり、ポテパンキャンプを受講すると、その後のキャリアまでトータルでサポートが受けられるんですよね。これは大きなメリットだと思います。

 

ポテパンキャンプの受講コースについて

ポテパンキャンプ 感想

 

ポテパンキャンプはRuby On Railsが学べるスクールですが、コースは以下の2種類があります。

 

  キャリアコース ビギナーコース
費用 108,000円(税抜)*エンジニア転職できれば無料 162,000円(税抜)*エンジニア転職できれば54,000円
受講期間 3ヶ月 4ヶ月
コース内容 オリジナルECサイトの作成 オリジナルECサイトの作成 + 1ヶ月のRaisチュートリアル学習
おすすめの対象者 経験者向け(Railsのチュートリアルを理解している人向け) Rails未経験者向け

 

ざっくり言うとキャリアコースは経験者向け、ビギナーコースは初心者向けです。

 

両者の違いは1ヶ月間のRails学習があるかないかです。ビギナーコースの場合、最初の1ヶ月間はRuby on Railsチュートリアルと言う名前の動画コンテンツでRuby on Railsの学習からスタートします。基礎固めをまず行い、その後ECサイト作成の実践学習にうつります。

 

一方のキャリアコースは、この基本学習の1ヶ月がなく、最初から実践形式のレッスンとなります。元々エンジニアで、キャリアチェンジを考えているような人向けですね。

 

基本的にはビギナーコース受講者の方が圧倒的に多いです。あなたが初心者なら、4ヶ月のビギナーコースを選んでおきましょう。

 

特筆点は、ポテパンキャンプのサービス経由でエンジニア転職に成功すると、受講料の返金があることです。キャリアコースの場合は108,000円返金なので無料、ビギナーコースの場合も108,000円返金ですので54,000円で受講することができます。もはやお得というレベルを超えています。格安でRubyを勉強してエンジニアになりたいなら、ここより安いところはないと思います。

 

▼格安でRubyエンジニアになれる!ポテパンキャンプの無料カウンセリングはこちら▼

 

ポテパンキャンプと他のプログラミングスクールの比較【評判、口コミの違い】

ポテパンキャンプ 効果

 

プログラミングスクールを選ぶ際、他のスクールとの違いはしっかりと認識をしておくと、後悔のないスクール選びができます。本来は各スクールが設けている無料体験や説明会に2〜4つほど参加するとベストなのですが、時間がなかなかない人も多いはず。

 

ですので、ポテパンキャンプと、Rubyが勉強できる別の有名スクールの違いを、自身の受講経験から比較しました。

 

Rubyが勉強できるスクールは【これで決定です】Rubyが学べるプログラミングスクールを5社厳選【経験者が語る】の記事でも書いていますが、以下が比較の図です。

 

  ポテパンキャンプ TechAcademy TECH::CAMP Tech boost
費用(4ヶ月) 162,000円(税抜) 279,000円(税抜) 166,400円(税抜) 299,400円(税抜)*左記の3ヶ月のみ存在
学べる言語 Ruby Ruby Ruby、AI、VRなど Ruby、AI、ブロックチェーンなど
受講スタイル オフライン オンライン オフライン、オンライン両方OK オフライン、オンライン両方OK
就職支援 有。「ポテパンキャリア」「ポテパンフリーランス」を展開 有。就職支援サービス「TechAcademyキャリア」あり 有。別プログラム「TECH::EXPERT」あり 有。転職エージェント事業「TechStars」「Midworks」を展開

 

こんな感じです。全てRubyが学べるスクールですが、こうして見ると結構違いますよね。ポテパンキャンプ と他スクールの明確な違いは次の通りですね。

 

1. 圧倒的な価格の安さ

まずは圧倒的な価格の安さです。例えば上記のTechAcademyの場合、4ヶ月受講したら279,000円(税抜)です。ですがポテパンキャンプの場合、4ヶ月受講しても162,000円です。約10万円も変わってくるんですね。

 

TechAcademyは非常に良いスクールでして、個人的にもイチオシですが、受けるなら1ヶ月など短期間が良いのかなと思います。他スクールと比較すると1ヶ月だとだいぶ割安でして、でも2ヶ月以上になると少し割高になっています。

 

唯一TECH::CAMPは安いですが、ここは「学び放題」と言うプランをやっていて、月額+入会金制度で、定額で複数のコースを受講し放題という仕組みです。Rubyの他にもデザインやAI、VRといったものまで学ぶことができます。色々学んでみたいという感じなら、TECH::CAMPは良いと思いますよ。

 

Rubyを数ヶ月かけてがっつり習得したいということなら、ポテパンキャンプ は間違いのない選択だと思いますよ。何せ格安ですからね。安いというのはやっぱり強いです(笑)エンジニア転職できれば54,000円で利用できますし、価格重視でRubyスクールを選ぶなら、現時点ではもはや迷う理由がないレベルだと思います。

 

2. ポテパンキャンプの就職先は自社内開発のみ

もう一つ、他のスクールと異なる点は、ポテパンキャンプ経由の就職先は、全て自社内開発の転職先になっていることです。

 

冒頭で少しお話ししましたが、僕はエンジニアの採用支援をやっています。そのため、各社の事情は色々と耳に入ってくるのですが、エンジニア転職の就職先に、客先常駐のSESという案件は比較的多いです。

 

客先常駐の場合、基本的に自社の顧客先となるので、少し気を使う部分もあります。実際客先が合わなくて辞めてしまうエンジニアの方も少なからずいますので(合う人ももちろん多いですが。これは正直運です)。待遇や得られる経験が変わるわけではないですが、できれば自社開発で就職できた方が安心な人も多いはず。

 

その点ポテパンキャンプ であれば、就職先はSESではなく自社内開発の企業です。 これは他のスクールと明確に違う部分ですね。

 

ポテパンキャンプを受講した友人も僕には複数いますが、彼らはこの点を重視してポテパンキャンプを選んでいました。周囲の評判や口コミを聞いても、就職先が自社開発案件というのは、大きな選定ポイントになっていますね。

 

ポテパンキャンプがおすすめの人

ポテパンキャンプ

 

冒頭でも述べましたが、まず前提条件として、ポテパンキャンプを受講できるのは「首都圏在住の20代の方」です。その条件にまず合致しているとして、その上でポテパンキャンプ受講がおすすめの人は次の人です。 

 

格安でプログラミングを学んでエンジニアになりたい人

まずは格安でプログラミングを学びたい人です。

 

先ほどRubyが学べる他のスクールと比較しましたが ポテパンキャンプはとにかく安いです。162,000円で4ヶ月間受けられ、しかもエンジニア転職できれば108,000円返金で54,000円で受けられますので、圧倒的に格安です

 

ちなみにポテパンキャンプの場合、就職決定率も90%を超えていますので、ほぼ54,000円で受ける事が可能です。格安でRubyを学び、エンジニアになりたい人はポテパンキャンプを間違いない選択です。

 

自社内開発のエンジニアとして働きたい人

自社開発のエンジニアとして働きたい人にもおすすめです。

 

前述通り、未経験エンジニアの就職先には客先常駐のSESも多いです。 SESでも経験は積めますし、待遇が悪いわけでもないんですが、SESの場合は客先から強い要望を受けるとなかなか理不尽なことを断れないIT企業もあるにはあるので、できれば自社内開発の方が安心感は高いと思います。

 

どうしても自社開発が良いと思っているなら、ポテパンキャンプはその門扉が誰にでも開かれていますよ。

    

ポテパンキャンプの受講方法

ポテパンキャンプ

 

 ポテパンキャンプの受講方法は簡単で、30秒でできます。ポテパンキャンプ公式サイト に無料カウンセリングの項目があるのでそちらをクリックします。すると応募フォームとなりますので、「名前」「メールアドレス」「電話番号」の3つを入力して申込完了です。

 

無料カウンセリングは渋谷駅徒歩6分の場所です。どんな仕事につけそうか、どれくらいの待遇が目指せそうかも教えてくれますので、気軽に参加してみると良いですよ。

 

まとめ

ポテパンキャンプ

 

述べてきた通り、ポテパンキャンプはRubyが格安で学べるおすすめのスクールです。格安でRubyを学んで自社開発のエンジニアとして就職したい。そう思う方なら、ポテパンキャンプを受けてみてはいかがでしょうか?

 

ポテパンキャンプは受講前に無料カウンセリングをやっています。この場ではあなたのこれまでの経歴の棚卸しを始め、どんなスキルが身につくか、どんな企業に入れそうかといった具体的な話まで聞く事ができます。

 

最後になりますが、ネットの前であれこれ悩んでいても、何も変わりません。現状に不満があり、それを解消できるのがエンジニアという仕事なら、まずは今すぐに行動を起こしましょう。

 

僕も最初はどのスクールを選ぼうか、それ以前にプログラミングを勉強しようか悩んでいましたが、正直時間の無駄でした。無料体験やカウンセリングに行ってはじめて見えたことが多かったですし、そこまで行ってようやくスタートラインですよ。

 

たったの一歩で未来は変えられます。まずは勇気を出して、その一歩を踏み出しましょう。

 

▼格安でRubyエンジニアになれる!ポテパンキャンプの無料カウンセリングはこちら▼

RELATED