30代からプログラマー転職を成功させる必勝法【転職のプロが解説】

スポンサードリンク

30代未経験からプログラマー転職を成功させる必勝法【転職のプロが解説】

 

  • 30代未経験からプログラマー転職ってできるのかな?ネットで見ていると、30代未経験からだと転職は難しいって書いてあるし…。こんな自分でも、今からプログラマー転職を目指せるのかな?

 

本記事では上記の悩みに答えていきます。

 

結論、30代からでもプログラマー転職は目指せます。

 

とはいえ、適当に転職サイトに登録し、転職できるほど簡単でないことも事実です。

 

だからこそ、本記事を通じて、正しい手順を把握し、30代からのプログラマー転職を実現させてください。

 

これを書いている僕は、現在転職支援の仕事をしています。大企業、中小ベンチャー問わず、IT起業家や経営者、人事部長と、日々事業や採用について議論を交わしている立場です。

 

そのため、いまIT企業がどんな人物を欲しているか、そのリアルを把握しています。もちろん30代からのIT転職についても多く携わってきたことから、その実態も把握しています。

 

また、僕自身もプログラミングを学習してきており、現在は複業として、当時培ったスキルを使って個人で稼いでいる立場でもあります。

 

このような経験をもとに、30代からのプログラマー転職の「リアル」について解説します。

 

スポンサーリンク

30代からでもプログラマー転職が目指せる理由

  1. プログラマーの需要が高い一方、プログラマーの数が圧倒的に不足しているから
  2. 30代未経験からプログラマー転職している人が実際に多くいるから

 

理由は上記の2つです。それぞれ解説しますね。

 

1. プログラマーの需要が高い一方、プログラマーの数が圧倒的に不足しているから

いまの時代、どんな業界でも「IT化」は進んでいますよね。IT業界だけでなく、メーカー、飲食、不動産、スポーツ、アパレル、どの分野でも「IT」は密接に関わっています。

 

そして、IT化を進めていくには、ITの作り手となる「プログラマー」の力は必要不可欠です。

 

そんな状況ですから、IT業界はもちろんのこと、あらゆる業界でプログラマーは引っぱりだこなんですよね。

 

ですが問題なのは、需要に対して、プログラマーの数が圧倒的に不足していることです。

 

例えば、最近のIT企業は、一人のプログラマーを採用するだけで、50万円、100万円と、採用広告費用を投下しています。ですが、転職サイトに100万円広告費をかけても、経験者が1人も採用できないことはザラにあるんですよね。お金をドブに捨ててしまっています。

 

費用をかけても採用できない、そんな企業がどうしているかというと、「未経験者を採用し、自社で教育する方法」です。実際に多くのIT企業が、未経験者まで裾野を広げ、採用に乗り出しています。

 

という感じで未経験でもプログラマーになれるようになりましたが、最近は「20代」の未経験者も人気になっており、その層でさえも、多くの企業が採用に苦しんでいます。

 

ですから最近は、さらに対象を広げて「未経験の30代」を採用する企業がかなり増えてきています。

 

こういった流れを辿り、いまは30代未経験からでもプログラマー転職することが可能になっているんですよね。

 

これが一つ目の理由です。

 

2. 30代からプログラマー転職している人が実際に多くいるから

そしてもう一つは上記です。

 

知人に事例がないと難しい印象を持つと思いますが、30代未経験からプログラマー転職に成功している人は、実は多く存在しているんですよね。

 

そもそも多くの人が勘違いしていることとして、こと転職に関しては、「絶対無理」「不可能」ということはありません。

 

ネットで調べていると、「30代からだと転職は無理」「不可能」などの言葉が出てきます。

 

確かに、難しいことには変わりはないのですが、転職は結局のところ、企業と相思相愛になれるかだけです。なので、9社の企業から落とされても、1社受かればOKなんですよね。要は「行動すれば当たりは引ける」ということです。

 

実際、ITベンチャーなんて、明確な採用基準が決まっていないところが多いですからね。その時の組織構成や、社長の一存で採用が決まることがほとんどです。

 

僕がこれまで見てきた中では、「社長の年齢」は見分ける一つのポイントになりますね。基本的には、社長より上の年齢の未経験者を採用する企業は少なめです。

 

「年齢の希望はあるか?」と聞くと、「自分より若ければいい」という答えを返すIT経営者には、僕自身よく会いました。

 

なので裏を返せば、社長が40代や50代の企業であれば、比較的入りやすいかと思います。

 

ですから、30代だとプログラマー転職できないということはなく、むしろ普通にできるので安心してください。

 

30代からのプログラマー転職は普通にやったら簡単でない

とはいえ、30代未経験からの転職の場合、普通に行動して、簡単に転職できるものでもありません。

 

特に、一般の転職サイトや転職エージェントを利用すると、書類選考で落ちてしまうケースが多いですね。

 

じゃあどうやって行動すればいいかというと、30代未経験からプログラマーになっている人が取っている方法は、次の通りです。

 

30代はスクールを使って「スキル」と「コネクション」を作ろう

  • プログラミングスクールを使って、「スキル」と「コネクション」を作ること

 

これが、30代未経験からプログラマー転職を成功させる最も現実的な方法です。

 

それぞれ解説しますね。

 

プログラミングスクールは最短でスキルが身につく【1〜2ヶ月】

そもそも未経験からプログラマー転職するなら、この「スキル」は必要不可欠です。未経験だと、他にアピールするものがないですからね。

 

そしてそのスキルを最短かつ確実に身につけられるのが「プログラミングスクール」です。

 

例えば、独学だと半年以上かかるようなことも、プログラミングスクールを使えば、1〜2ヶ月で習得は可能です。

 

事実、僕自身、プログラミングスクールを受けて1ヶ月で簡単なサービス開発ができるようになりました。

 

僕は独学もトライしましたが、独学だと、このスピード感はまず無理でしたね。その点で、プログラミングスクールはやはり良かったです。

 

実際に30代未経験から転職成功している人を見ていると、事前にプログラミングスクールでスキルを学んでいるケースが多いです。

 

独学でも学べないことはないですが、、少し弱いですね。スクールであれば体系的に学んできたことの証明にもつながるので、プログラマー転職したいなら、知名度のあるスクールで、しっかり学んだ方が無難で確実です。

 

企業とのコネクションができるので、転職に有利になる

また、ただスキルを身につけるだけでなく、企業とのコネクションも同時に持てることが、プログラミングスクールを使うメリットになります。

 

例えば、知名度があって人気のプログラミングスクールの場合、すでに世の中に多くのプログラマーを輩出しています。そういうスクールに対しては、企業側も「あのスクール出身者であれば、前向きに採用しよう」というバイアスがかかるんですよね。

 

要は、未経験からプログラマー転職に成功した先輩方の実績を利用し、自分もプログラマーになるということです。プログラミングスクールの場合、このルートが整備されているので、難易度低く、プログラマーになることができます。

 

一般の転職エージェントも企業とコネクションを持っていますが、スキルがない状態だと、そもそも30代未経験は相手にされないケースが多いです。書類で落ちるか、あるいは転職エージェントから相手にされないケースも多いです。

 

余談ですが、転職エージェントは転職が決まった際に「成果報酬」でインセンティブをもらう仕組みです。なので、転職可能性が低い人は、そもそと最初から相手にされないという、裏側な事情があるんですよね。悲しい事実ですが。

 

一方プログラミングスクール経由であれば、「スキル」という付加価値をつけた上で転職を目指せるので、企業としても断然採用しやすく、転職サポートをする側も推薦しやすいんですよね。

 

だからこそ、30代未経験からプログラマーを目指す場合、プログラミングスクールの利用は必要不可欠です。

 

プログラミングスクールがこれだけ普及し、多くの企業から認知されるようになったタイミングです。だからこそ、プログラミングスクールを使い倒すことが、転職成功には必要なステップです。

 

30代からプログラマー転職・独立が目指せるスクール

優先順位もつけました。30代未経験の場合、以下の順にトライしてみることが良いです。

 

  1. TECH::EXPERTを受講(転職コースまたはフリーランスコース)
  2. TechAcademyを受講→TechAcademyキャリアの転職サポートを利用する

 

この手順が、30代未経験から転職する最も現実的な方法です。

 

プログラミングスクールには大きく2つのタイプがある

  1. 転職支援がついていないスクール
  2. 転職支援がついているスクール

 

大きくこの2種類があります。

 

就職や転職を目指すのであれば、転職支援がついたプログラミングスクールを利用することがおすすめです。

 

とはいえ大きな問題があり、それは転職支援付きのプログラミングスクールは、年齢制限が20代のところが大半ということです。つまり、30代だと、そもそも受講すらできないスクールが大半なんですよね。

 

じゃあ可能性がないかというとそうではなく、前述した2社であれば、どちらも30代未経験からプログラマー転職が目指せます。

 

TECH::EXPERTは数少ない、30代でも利用できる転職支援付きプログラミングスクール

まずTECH::EXPERTですが、こちらは30代以上でも受講が可能な、数少ないプログラミングスクールです。30代以上であれば、まずはじめに検討すべきスクールですね。

 

特筆点としては、30代の受講者が全体の24%と多く占めていることです。以下のデータの通り、受講者の4人に1人は30代です。

 

プログラミングスクール 30代

 

加えて、TECH::EXPERTは高年収での転職決定に強みがあります。事実、TECH::EXPERT経由で転職した人の平均年収は「約426万円」となっています。

 

サラリーマンの平均年収が400万円を切る時代ですから、いかにTECH::EXPERT卒業生の年収が恵まれているかはわかるかと思います。

 

これらが実現できるのは、TECH::EXPERTがカリキュラムの質に徹底的にこだわっているからです。30代でも即戦力として育て上げる自信と実績があるので、多くの30代を受け入れ、実際に転職成功させているんですよね。

 

30代からのプログラマー転職で最も有力なスクールなので、まずはどのような企業に転職できそうか、無料カウンセリングに参加してみることをおすすめします。

 

TechAcademyはオンライン完結で、自宅受講が可能

TECH::EXPERTを検討してみて、もう一つ別のスクールも検討してみたいという感じならTechAcademyを検討しましょう。

 

TechAcademyはオンライン型のプログラミングスクールです。そのため、住んでいる場所に関係なく、どこでも受講することが可能です。

 

TechAcademyの場合、最初から転職支援はセットになっていないのですが、カリキュラム修了後に希望すればTechAcademyキャリアの転職サポートを受けることができます。

 

TechAcademyはTECH::EXPERTと並び、プログラミングスクールの中でも最大手の1社です。IT企業とのコネクションも抜群なので、ぜひ検討してみてください。

 

また転職前提ではなく、まずはプログラミングを学んでみたいという温度感にも、TechAcademyはピッタリです。

 

TECH::EXPERTTechAcademyともにレビュー記事を書いています。本受講前には、こちらも合わせてチェックしておくと、より理解が深まった状態で受講に臨めると思います。

 

 

まとめ

述べてきた通り、30代未経験からでもプログラマー転職は可能です。

 

ただし、改めて認識しておくべきこととして、30代は20代よりも不利になることは目を背けられない事実です。20代とは異なり、30代での1歳の積み上げは重くのしかかって来ますから、転職を検討しているなら今すぐに行動することをおすすめします。

 

その点、今回紹介したようなプログラミングスクールを使えば、数ヶ月でプログラマー転職できます。そして実務経験を1〜2年ほど積めば、フリーランスエンジニアにもなれます。

 

フリーランスエンジニアになれば年収1,000万円やリモートワーク、週3勤務で年収500万円など、お金も時間も自由な働き方も現実的に目指せます。家族と過ごす時間もたくさん取れるようになります。

 

人生はそんな簡単に変わるものではありません。ですが、プログラミングほど早く、そして高い確率で人生を変えられるものを、僕は他に知りません。

 

少なくとも、僕はプログラミングを学んで人生変わりました。個人で稼ぐこともできるようになりましたし、お金や仕事に関する将来の不安はなくなりました。

 

結局のところ、人生が変わるかどうかは、僅かな「行動の差」だけなんですよね。

 

30代だと、いまの仕事の先に待っている未来も、なんとなく見えていることでしょう。もしいまの延長線上に自分の望む人生がないとわかっているなら、完全に手遅れになる前に、一歩を踏み出しましょう。

 

  1. TECH::EXPERTを受講(転職コースまたはフリーランスコース)
  2. TechAcademyを受講→TechAcademyキャリアの転職サポートを利用する

 

 

30代未経験でもプログラミングスクールを使えば独立や転職できる?【結論と手順解説】