【20代向け】資産運用を始める時に読んでおきたいおすすめ本4冊【始める手順も解説】

スポンサードリンク

f:id:travewriter:20180331133605j:plain
  • これから資産運用を始めてみたいんだけど、お金や投資を学べるおすすめの本が知りたいなぁ。そもそもどういう手順で始めればいいんだろう?

 

今回はこんな疑問に答えていきます。

 

簡単に僕のことをご紹介すると、これまでの投資歴は5年超の20代です。国内株式、海外株式を始め、ソーシャルレンディングや仮想通貨にも投資をしています。

 

クラウドクレジットで投資をしているので徹底的に解説していく【評判、口コミ】

 

そこで今回は、これから資産運用を始めようと思っている20代に向けて、資産運用を始める際に読んでおきたいおすすめ本や、資産運用を始める手順を解説していきます。

 

スポンサーリンク

20代でも資産運用が必要な時代です

f:id:travewriter:20180331133149j:plain

まずお伝えしたいことは、20代でも資産運用が必要な時代が来たということです。

 

なぜ20代でも資産運用が必要かと言いますと、いまの20代の人は、これから懐事情が厳しくなっていくことが明白だからです。

 

そのことをイメージできるように、昔と今の違いを少しお話しします。まず昔の日本は、経済が右肩上がりで成長していたので、普通に働いていれば給料も右肩上がりで上がっていきました。定年まで働けば年金も十分もらえました。

 

つまり、昔の日本は、何かあれば国や会社が守ってくれる。そういう時代でした。そんな時代に生きていれば、20代から資産運用を考える必要はありませんでした。

 

ですが、今はもう違います。日本の経済はもう右肩上がりではありません。ほとんどの会社の寿命は僕たちが働く期間より短いと言われています。普通に働いていても給料は上がっていきませんし、今の会社でずっと働ける可能性も低いです。年金なんてもはやもらえるかわからないレベルです。こんな時代では、もう国や会社に頼ることはできません。

 

だからこそ、会社や国に頼らず、個人で資産運用をしていかないといけません。特に20代の僕たちは、これから先の人生は長いです。寿命も伸びると思いますし、国や企業が守ってくれない中、自分自身で100歳まで生きるライフプランやお金のことを考えないといけません。

 

資産運用スキルがないとお金は増やせないし守れない

f:id:travewriter:20180331133350j:plain

ただし、闇雲に資産運用をすればいいわけではありません。何も知識がないまま資産運用をしても、お金は増やせないし、守ることもできません。

 

資産運用をするためには、正しい資産運用スキルを身につけることが必須です。正しいお金の知識、投資の知識を身つことで、給料が上がらないこの時代でも、お金を守ることができますし、同時に自分の力で増やしていくことができます。

 

20代が資産運用をする手順

f:id:travewriter:20180331133409j:plain

じゃあどうやって20代は資産運用をスタートすればいいでしょうか?20代で資産運用をする手順は次の通りです。

 

  1. 資産運用に関する知識を身につける(Ex. 資産運用に関する本を3〜5冊ほど読んでみる)
  2. 実際に少額から始めてみる
  3. 資産運用の知性を高めながら、投資額を増やしていく

 

このような手順です。いきなり2の少額投資をするのも良いですが、1週間〜1ヶ月くらい、短期集中で資産運用の知識をインプットした方が良いと個人的には思います。

 

ですから今回はこのうち1の「資産運用に関する知識を身につける」ために役立つ本などをご紹介していきます。

 

20代の資産運用におすすめの本 4冊

f:id:travewriter:20180331133429j:plain
それでは20代が資産運用をするのにおすすめの本を4冊ご紹介します。

1. 金持ち父さん、貧乏父さん

 

まずは金持ち父さん 貧乏父さんです。あまりに有名ですが、お金や投資について、幅広く学ぶことができる世界的なベストセラーの一冊です。ファイナンシャルリテラシーを身につけるなら、絶対に外せない一冊です。必ず読んでおきましょう。

 

2. お金原論

 

お金原論も20代の資産運用本でおすすめです。著者は「お金の学校」と呼ばれるファイナンシャルアカデミー代表の泉正人氏です。本書は30代向けの本ですが、前述通り20代から資産運用をしておくべき時代です。だからこそ、20代のうちにこそ知っておくと良い内容です。

 

本書では、理想的な貯金や生活費の割合や、お金の使い方を始め、20代のキャリア形成についても教えてくれます。20代でどういう仕事で、どういうスキルを身につけていけば、豊かな30代を目指せるかがわかります。お金の知識はもちろん、20代の人生の指南書としても必読の一冊です。

 

3. 外資系コンサルタントのお金の貯め方

 

外資系コンサルタントのお金の貯め方は元外資系コンサルタントの著者が書いた貯金術の本です。著者が元コンサルタントということもあり、ビジネスフレームワークを貯金に応用して、PDCAを回しながら効率的にお金を貯める方法を実践されています。その実践内容が本書には詳しく書かれています。

 

著者は慎重派の資産運用をする方です。ですので、一攫千金などの運用ではなく、堅実な運用を学ぶことができます。著者の方は10年かけて1億円の貯金を達成されています。実績を残している方なので本の信頼性も高いです。

 

なお、著者の方は元外資系コンサルタントの貯金生活というブログもやっています。非常に勉強になるので読んでみると良いですよ。

 

4. 投資バカの思考法

 

投資バカの思考法は投資ファンド「ひふみ投信」の代表である藤野英人氏が書いている「株式投資のための本」です。

 

ひふみ投信は運用成績が非常に優れている投資ファンドで、2016年にはリッパー・ファンド・アワード・ジャパン 2016で最優秀ファンド賞も受賞しています。

 

本書では、投資への向き合い方から、これから伸びる会社と伸びない会社の違いなどを学ぶことができます。

 

特に本書に書いてあった、「株価と営業利益は長期的に見れば比例する」という大原則は、株式投資をするなら必ず知っておきたい原則です。今後伸びる会社・株はどんな会社か、それを選ぶ観点が、この本を読むと身につきます。

 

投資の分野で、個人的に国内で最も尊敬している人が藤野英人氏です。藤野氏が書いた本は他にもありますが、いずれも素晴らしい本ですので目を通しておくことをおすすめします。

 

お金の学校「ファイナンシャルアカデミー」の無料体験講座がおすすめ

f:id:travewriter:20180331133500j:plain

 

より高いお金の知性を高めるなら、先ほどお金原論でご紹介した泉正人氏が代表を務める、【お金の学校】と言われるファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」には初めに参加しておくと良いです。

 

f:id:travewriter:20180324190126p:plain

 

ファイナンシャルアカデミーでは、お金の教養講座を始め、株式投資の学校、不動産投資の学校、外貨投資・FXの投資学校まで、お金の知性を高める講座がたくさん揃っています。お金の勉強をするなら、日本でもトップクラスのお金の学校です。

 

ファイナンシャルアカデミーは幅広い層に信頼されていて、20代の受講者も非常に多いです。20代だけじゃなく富裕層の著名人にも人気で、例えばサッカー日本代表の川島選手も受講しています。ファイナンシャルアカデミーの公式サイトに川島さんやジローラモのインタビュー記事もあるので読んでみると面白いですよ。

 

f:id:travewriter:20180324190058p:plain

 

変な株式投資セミナーや不動産セミナーに出るより、何倍も勉強になりますし、何より信頼できます。ですから万人におすすめしています。

 

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」

 

まとめ

f:id:travewriter:20180331133518j:plain

 

年金もあてにならず、会社の寿命も自分の年齢より少ない時代です。頼れるのは自分の知識だけです。だからこそ、自分自身のお金の知性を高めていく姿勢が必要です。

 

そして、お金の知性は勉強し、実践していけば身につきます。特に今回ご紹介した本やファイナンシャルアカデミーの無料体験講座は質が高いので、実践してお金の知性を身につけると良いと思いますよ。

 

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」

 

RELATED